Panasonic LUMIX G1 (2)

川崎市北部の柿生の里。名刹王禅寺の境内に保存されている「禅寺丸柿」の原木の紅葉である。

禅寺丸柿は江戸時代から土地の名産で柿生村の名の由来にもなった。


c0156404_16242080.jpg
LUMIX G1, G VARIO 14mm-45mm/3.5-5.6, (28mm, f 5.6 AE -0.66EV, ISO 200)
一眼を使うとなんとなくそれらしき絵になってしまう。クモの巣も写ってしまった(笑)。
クリックで画像拡大します。

by kurakame | 2008-11-14 08:08 | Comments(6)
Commented by ikko at 2008-11-14 10:06 x
kurakameおじさん、
巧い者は何を使ってもいい作品ができる!です。
ikko弘法様は筆を嫌いますので、いつまで経ってもダメですね。
だんだん。
Commented by REN♪KON at 2008-11-14 15:13 x
◎絵を描きたくなる・・そんな方はきっと綺麗に染まった
このような葉を見て、、この色とこの色と~・・っと頭に浮かぶのでしょうね☆
Commented by kurakame at 2008-11-14 16:28
ikkoさん、昨日のiiiroブログと同じ柿の木ですが、90度方向を変えると、バックは庫裏から本堂となります。
Commented by kurakame at 2008-11-14 16:29
REN♪KONさん、台風の無い年は柿の葉も元気に色が染まりますね。
Commented by chousan-drybox at 2008-11-15 01:19
私のローカルの所ですが行ったことがありません^^;
黒い本堂をバックにきれいな紅葉ですね。
Commented by kurakame at 2008-11-15 07:50
chousan-dryboxさん、王禅寺はさすがに歴史のあるお寺。
伽藍は比較的新しいのですが、山内、周辺の「ふるさと公園」など
写材は豊富です。
<< 東京郊外にも黄葉前線が到着 Panasonic LUMIX... >>