都市の谷間に、一番星見ぃつけた(!)

黄昏時の街の表情を撮り歩いていたら、立体的に構成された新しい都市のビルの谷間に宵の明星-金星-が輝き始めたのを見つけた。

モノレールのちょっと上、小さな画面では確認できるでしょうか。(汐留にて、12月23日16時50分)

c0156404_7455073.jpg

D700, 24mm-85mm/2.8-4, f4 AE(-1.0EV), ISO800, WB D.L.

画像はクリックで1500pxl × 2250pxlに拡大します。

光度-4.3等級とはいえ、手持ち(1/80)でこのように星が撮れるようになったのには改めて驚きです。
by kurakame | 2008-12-27 07:55 | Comments(2)
Commented by poco at 2008-12-29 15:54 x
空のグラデーションがとっても綺麗ですね☆
金星とモノレールのタイミングもバッチリ♪
宵の明星を見つけたときは1番ぼぉ~しみぃつけた♪と心の中で歌ってます♪
Commented by kurakame at 2008-12-30 11:27
pocoさん、宵の明星はそんなに早くは動きませんので、モノレールの通過を待って。
星の動きよりも空の色の変化が著しい黄昏時です。
<< 六本木ヒルズのR(アール) 六本木けやき坂からホワイトクリスマス >>