星宿山王禅寺の浅い春

周辺はすっかり住宅地に開発されたなかで、多摩丘陵の名残を残す深い森の中に、古刹王禅寺は静まり返っている。

山門、昔はなだらかな谷津のほうから参詣したのだろうか、山門の表側は有名な梅林から狭い畑と森に続くのみ。

現在の参道からは急な階段の下に、山門を見下ろすことになる。

c0156404_11334149.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. B+W
クリックで画像拡大します。
by kurakame | 2009-02-08 11:36 | Comments(2)
Commented by ramble-leica at 2009-02-08 20:38 x
こんばんは。前ボケといい、さすがズミルックス35㎜ASPHですね。繊細な描写が二人の語らい?を印象付けていますね。
Commented by kurakame at 2009-02-08 21:49
ramble-leicaさん、このあたりからライカのレンズもピリピリになりましたね。
まあ、ボケはなんとかライカなのでしょうか。
<< 星宿山王禅寺 (続) 立春ですね。 >>