富士山頂日没 at 山中湖

2月12日、山中湖平野湖岸からは富士山頂日没が見られる。あわよくばダイヤモンドの輝きが期待されるということで、グループで富士山麓を巡りながらの山中湖。

事前情報によると、3時には三脚を立てる場所がなくなるとか。2時半、現地到着。

この湖岸は、砂浜も広く、駐車場所も充分なのだが、やはり、湖岸は100m以上にわたって三脚林立。日没50分前はこのような状況である。

午後からのうす雲は依然と西の空にかかったまま。

c0156404_8264989.jpg


日没時、光は見えるものの、太陽の輪郭は分からないほどの雲。遂にダイヤモンドの光芒を放たないままに山の向こう側に太陽は姿を隠す。

c0156404_826036.jpg

Leica M8, Elmarit-M 28mm/2.8, UV/IR
クリックで画像拡大します。

by kurakame | 2009-02-15 08:29 | Comments(2)
Commented by ramble-leica at 2009-02-15 10:36 x
おはようございます。優雅な姿ですね.特に2枚目の湖畔に映った光がいいですね。
Commented by kurakame at 2009-02-15 17:17
ramble-leicaさん、空の状態によってどのようなフレーミングにするか不明だったので、一眼長玉との二刀流でしたが。
どん曇よりマシとしましょうか。(笑)
<< 人の見えない台場 富士を撮る >>