京都タワー

短い近江の旅、簡単な夕食を京都のエキチカで済ませて外に出ると濃紺の空に、京都タワーが浮かんでいた。

学生時代の頃だから半世紀以上も昔、このタワーの建設に古都の景観保存のための反対運動が盛んであったのを思い出す。デザインの可否はともかく、もうすでに、新幹線が京都駅に近づくと京都のシンボルマークとして、すっかりと定着している。

こちらも賛否両論が聞こえていた京都駅ビルのガラスに反射したタワー。

c0156404_97063.jpg


振り返るとホンモノの京都タワー。そういえば、一度もこのタワーを撮った記憶はない。昼も夜も。
c0156404_982959.jpg

LUMIX G1, Color Skopar 21mm/4

by kurakame | 2009-05-26 09:12 | Comments(4)
Commented by ramble-leica at 2009-05-26 21:16
こんばんは。京都へおこしになっていたんですね。
如何ですか 久しぶりの関西は・・・
週末には上京しようと思っています。
Commented by kurakame at 2009-05-26 21:47
ramble-leicaさん、高校卒業55年(!)目の同窓会にかこつけて3日ほどの滞在でした。
今回は郷里の近江がメインで、京都は夕食のみ、2時間程度の駆け足スナップです。
Commented by chousan-drybox at 2009-05-26 22:43
京都タワーはどちらかというとしっくり来ないほうなのですが、タワートップ
のオレンジの鮮やかさがとてもきれいですね。
私は45年目ですからまだまだひよっこです^^
Commented by kurakame at 2009-05-27 08:24
chousan-dryboxさん、タワーの写真を撮ろうなどとは一度も考えたことはなかったのですが(笑)。
G1+CS21mmを持っていたので、それにライトアップの色にも惹かれて撮ることになりました。
<< 初夏の雨にけむる佐川美術館 祇園・先斗町・木屋町 >>