幻のヒマラヤの青いケシ

南信州、大池公園の中村農園で5000株といわれる「青いケシ」メコノプシスが見頃でした。

G1にテレエルマリートを付けてのイメージです。マニアルフォーカス、手持ちとあってピント方向(前後)の手ぶれもなかなか微妙です。

c0156404_9285959.jpg

c0156404_9292274.jpg

c0156404_9294285.jpg


Panasonic LUMIX G1, Tele-Elmarit 90mm/2.8
クリックで画像拡大します。
G1のキットズームによるイメージと若干の説明は本家「クラカメおじさんの気まぐれ写真」(こちら)で。

by kurakame | 2009-06-19 09:35 | Comments(4)
Commented by 下町育ち at 2009-06-19 12:39 x
「青いけし」 初めての出会いです。
涼しげで可憐な感じがするお花ですね、いつも癒される写真有難うございます。
Commented by kurakame at 2009-06-19 14:58
下町育ちさん、「ヒマラヤの青いケシ」、まあブルーポピーの一種のようですが、温度や気候のせいで国内ではなかなか育てられないそうです。
鉢植えは街の花屋さんでも買えるそうですが、どうしても夏を越せないとか。
Commented by ramble-leica at 2009-06-20 19:05
こんばんは。
青いけしの花、何かを秘めたようなブルーですね。
Commented by kurakame at 2009-06-20 20:14
ramble-leicaさん、花オンチのkurakameですが写友たちに誘われての相変わらずの花習作です。
最近のデジ専用レンズとは一味違う描写をしてくれたテレエルマリート(2nd)でした。
<< (続)ヒマラヤの青いケシ - 水滴 紫陽花の寺で >>