歩行者天国の托鉢僧

銀座の歩行者天国(土・日・祝)でも必ずお目にかかる托鉢僧。

欧米系の観光客のカメラの被写体としても人気であるようだ。カタツムリのようにゆっくりゆっくりと歩行しながら喜捨を受けているので、このような位置に来るのは中々時間がかかる。

このショットは待っていたわけではなく、たまたまの出会い。

c0156404_8173096.jpg

Leica M8, Elmarit-M 28mm/2.8

by kurakame | 2009-07-14 08:19 | Comments(2)
Commented by REN♪KON at 2009-07-14 09:22 x
◎本物と偽者が居る・・とか言われ、、、
躊躇してしまう事がほとんど、、全てですが・・
暑い中袈裟姿で立って居るだけでも、
お疲れ様です<m(__)m>と言う気持ちになりますね。
Commented by kurakame at 2009-07-14 18:48
REN♪KONさん、偽者さんが多いのだとかいう話もあります。
もっとも、喜捨している人を見たことがありません。
やはりこれは精神修業と考えるほうがよさそうです。
<< 10年を過ぎた新京都駅 梅雨の晴れ間に >>