祇園宵々山の日の午後

何時もは観光客で混み合う東山高台寺下。

「ねねの道」と名前が付けられて観光の名所になる。東山通りに出るクランクの「石塀小路」も人気であるらしい。

宵々山の15日、観光客はみんな山鉾町のあたりに集まってしまったのか、「ねねの道」も「石塀小路」も
たまに人影が見られる程度に静かな午後ではあった。


c0156404_8281743.jpg
c0156404_8283656.jpg

D700, AF-S 50mm/1.4G

by kurakame | 2009-07-19 08:31 | Comments(4)
Commented by REN♪KON at 2009-07-20 09:18 x
◎夏の京都☆
場所によっては混雑するのが当たり前なのかもしれませんが・・
あまりざわざわの中を歩くより、のんびり歩ける程度の雰囲気が
京都にはぴったりに思います♪
Commented by kurakame at 2009-07-20 13:48
REN♪KONさん、こんなに静かな「ねねの道」は初めてでした。
でもやっぱり暑かったなぁ。
Commented by chousan-drybox at 2009-07-21 21:49
祇園祭期間中なのでもっと人が多いと思いましたが、このあたりは少な
いんですね。
宵山と巡行の日しか知りませんが、高揚感と脱力感が街に溢れますね。
Commented by kurakame at 2009-07-22 13:41
chousan-dryboxさん、祇園祭の間の祇園の町はどんなふうなのかと午後の時間に立ち寄ってみました。
<< 女人高野室生寺の五重塔 10年を過ぎた新京都駅 >>