或る古民家の柱と梁のパターン

川崎市の日本民家園に移築されている17世紀末ともいわれる旧廣瀬家住宅(甲州塩山所在)の外壁。

必要な、入手可能な部材の組み合わせなのだろうが、モンドリアンも顔負け(?)。

c0156404_823330.jpg
c0156404_825498.jpg

D 700, AF NIKKOR 28mm/2.8D

by kurakame | 2009-08-06 08:09 | Comments(4)
Commented by REN♪KON at 2009-08-06 12:04 x
◎アミダックジィ~♪あみだっくじぃぃ~♪っとやりたくなりました(笑)
歴史を感じられる素敵な壁ですよね!!
Commented by kurakame at 2009-08-06 13:07
REN♪KONさん、アミダクジ(!)、ちょっと考えてみたらアタマがこんがらかってしまいました(笑)。
Commented by chousan-drybox at 2009-08-07 18:10
この柱と梁は気が付きませんでした。
いつも薪置き場と雑巾干しに目が行っていました^^;
Commented by kurakame at 2009-08-07 20:32
chousan-dryboxさん、このごろ時々民家園に散歩に行きます。
このときは、新しい50/1.4Gとちょっと古い28/2.8でうろついていました(笑)。
<< ムクゲ一輪 ラベンガーパークのスケッチ >>