ライカジャパン銀座

M8の初期、連続番号がリセットしてしまうことから始まって、手持ちレンズの6ビット加工、センサークリーニング、はてはダイアルにお酒が飛んで、回転が粘ってしまうe.t.c. と何となく、ギャラリーの展示が替るたびぐらいに、カスタマーサービスに顔を出していたような2年。

もう少し、本気でまたフィルムでも・・、と一念発起(大げさ)、M6のオーバーホールを依頼に出かける。

c0156404_85466.jpg

LUMIX G1, Color Skopar 21mm/4


店内はもとより、ビルのファサードも端正なデザインの銀座ショップであるが、あれっ!お隣は賑やかなことになってしまっている。


カスタマーサービスで、「M8の改造は混んでいます?」と聞いてみたら、
「そんなに混んでいません、いかがですか?」

「ネットで、M9の噂が飛び交っているようなので、様子を見てみます。」といったら、
笑って返事は無かった。当たり前か。
by kurakame | 2009-08-22 09:03 | Comments(2)
Commented by ramble-leica at 2009-08-23 22:40
こんばんは。
昨日私もライカにいっており、M9について聞きましたが、はっきりとは・・・当然ですね。しかし東京も暑いですね。
Commented by kurakame at 2009-08-24 08:27
ramble-leicaさん、M9の噂、少しずつ信憑性が増しているような気がします。
フルサイズだとワイド側が有利になるし、厄介なUV/IRもたぶん要らないのでしょうけれども、高価になりそうですね。
<< トラス橋とビル群のコンポジション 深川祭り by RVP-F >>