日本民家園の石仏(2) - 双体道祖神

微笑ましい双体道祖神は各地に見られるようだが、信州地方のものが特に有名であるようだ。

民家園、「信越の村」の園路脇にある双体道祖神、かなり風化していて表情がよくわからないかも知れない。

     長野県南佐久郡八千穂村畑。 (銘) 無し。

c0156404_9341048.jpg

c0156404_9333918.jpg

D700, AF 24mm-85mm/2.8-4D
クリックで画像拡大します。

by kurakame | 2009-09-11 09:37 | Comments(2)
Commented by REN♪KON at 2009-09-11 09:48 x
◎道祖神・・長野の少し山の中を車で走るとよく赤い「○○道祖神」の旗を見掛けます☆
ココに道祖神が奉られていますよ~・・っと言う意味なのでしょうか(?_?)
何だか二人で話している様にも見えますね!
長年この地を守り、見続けて来たのでしょうね~☆彡
Commented by kurakame at 2009-09-11 16:25
REN♪KONさん、観光案内でも、安曇野の名物にの一つに道祖神が必ず出てきます。
長野県一帯には特に多く見られるのでしょうか。
<< かやぶきの里、秋色 日本民家園の石仏(1) - 馬頭観音 >>