白州町、清泰寺境内のヒガンバナ

甲斐、白州町の田園風景の中に静かな佇まいをみせる古刹、霊長山清泰寺。平安末の創立、室町期に曹洞宗の寺院として再興されたという。

苔生した古色蒼然とした萱葺きの山門からの鄙びた参道脇には多くの石仏が並ぶなかに、自生のヒガンバナが色を添えていた。

c0156404_8183721.jpg
c0156404_8191567.jpg
c0156404_819363.jpg

Panasonic LUMIX G1, G VARIO 14mm-45mm/3.5-5.6
クリックで画像拡大します。次回、石仏バージョン予定。

by kurakame | 2009-09-21 08:26 | Comments(0)
<< 白州町清泰寺石仏とヒガンバナ Ⅲa + Summicron(... >>