甦った「天平の甍」

唐招提寺金堂。平成の解体修理の仮屋根が取れて、再び雄渾な姿を見せてくれた。

金堂内部のや、諸仏たちの修復はまだしばらくかかるらしく、落慶は来年になるらしい。開門時の金堂で、扉が閉じられている姿を見るのは今しばらくの期間となるのだろう。

小雨の唐招提寺金堂正面。

c0156404_992110.jpg


金堂の裏側にまわる。現在は講堂などで資料や文化財が公開されている。

鐘楼越しに鼓楼と東堂、礼堂を見る。

c0156404_9124670.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. UV/IR
クリックで画像拡大します。


「雨の唐招提寺」は本家「クラカメおじさんの気まぐれ写真」(こちら)

by kurakame | 2009-10-10 09:20 | Comments(2)
Commented by REN♪KON at 2009-10-12 10:07 x
◎鐘楼越しに鼓楼と東堂・礼堂”素敵ですね♪
風格アル感じがさすがです!!
Commented by kurakame at 2009-10-14 07:58
REN♪KONさん、シーズンの谷間の小雨の唐招提寺。
人通りの途絶えた時間は貴重です。
<< 秋の空 @ 尾道 平等院鳳凰堂 >>