唐招提寺金堂落慶法要

11月1日~3日に行われた唐招提寺「金堂平成大修理落慶慶讃法要」で、同時に修理が行われた国宝三尊の開眼の儀で読経する長老。後方扉内に千手観音立像を観る。

c0156404_8794.jpg

Leica M8, Summarit-M 75mm/2.5, UV/IR
クリックで画像拡大します。落慶法要参列顛末は本家「クラカメおじさんの気まぐれ写真」(こちら)。

by kurakame | 2009-11-09 08:11 | Comments(2)
Commented by REN♪KON at 2009-11-09 10:22 x
◎煌々しいお姿が見えますね!!
思わず手を合わせてしまいました(^_^)
仏”の世界の何ともいえない歴史と重量感、そしてどこかあたたかい
気持ちに包んでくれる空気は大好きです。
でもこの様な大きな法要はまた違った高貴な空気もあるのでしょうね~!
Commented by kurakame at 2009-11-09 15:39
REN♪KONさん、畏れ多くも国宝千手観音さまを撮らせていただきました。
唐招提寺長老さま(向こう側)もおそれおおいことです。
大きな法要ですが、100数十年ぶりのお祝いですから、皆さんニコニコの一面もありました。
<< 東大寺南大門 平成に甦った「天平の甍」 >>