初春、日本のカタチ - 白山神社から

初詣に代えてのご近所里山、鎮守の森散策で見つけた日本のカタチ。

川崎市麻生区に残る白山神社。加賀白山信仰の流れを汲むというが、記録に残るのは1850年の建造から。
彫り物の多用された小さな(3尺立方ぐらい)本殿をカバーする覆殿は、1965年に改装されて拝殿となっている。

   軒裏の垂木の構成と、江戸期からの彫刻の虹梁。

c0156404_8155946.jpg

Panasonic LUMIX G1, G VARIO 14mm-45mm/3.5-5.6
クリックで画像拡大します。

by kurakame | 2010-01-06 08:18 | Comments(0)
<< 初春、日本のカタチ - 小さな祠 しるえっと(続) >>