ライカM5 + ポジフィルム④ 青山表参道(続)

年代モノのM5、露出計やシャッターの調子を見るためにポジフィルムを詰めてみた。

スキャニングはいまいちだが、こちらも年代モノの沈胴ズミクロンとのコンビでも、さすがのポジカラー、いい描写をしてくれたように思える。

c0156404_8121347.jpg

c0156404_811161.jpg

c0156404_8103962.jpg

Leica M5, Summicron(L)沈胴 50mm/2.0, RDPⅢ

by kurakame | 2010-03-25 08:15 | M5 | Comments(4)
Commented by ramble-leica at 2010-03-25 10:28
おはようございます。
M5いかれたんですね・・・
露出のほう、いかがですか?
しかしポジは良い描写をしますね。
Commented by KONDOH at 2010-03-25 20:34 x
こんばんは。
クラシックなレンズでもポジですとコントラストが上がって良い感じですね。
ネガはスキャニングでなかなか良い調子が出ないので苦しんでおります。
Commented by kurakame at 2010-03-25 23:00
ramble-leicaさん、今更ながらのM5です(笑)。
メーターの動きがクリティカルなのでいくらか戸惑いましたが、
ポジの仕上がりを見る限りではダイジョウブそうです。
Commented by kurakame at 2010-03-25 23:03
KONDOHさん、ネガのスキャニングはなかなか上手くいきません。
ポジもあまり上手くはありませんが、コントラスト、彩度などで
綺麗に見えてくれます。
M5、とりあえず露出のチェックからです。
<< 懐かしのズマロンでご近所歩き ライカM5 + ポジフィルム③... >>