ビルの建替えと保存


建物の建替えと保存の問題が、あちらこちらで話題になっている。近くは東京中央郵便局の例は記憶に新しい。どうやら、ファサードの一部を残して新しいビルを建てることに落ち着くケースが多いようだが、なんでもかんでもという訳にはいかないのだ。

保存の価値のある部分の選択や、新築ビルとのデザインの調和なども無視することは出来ないだろう。

銀座の交詢ビル。震災後の再建であるが、2004年に正面外観を残して、現代風のシンプルな美しいビルに生まれ変わった。ファサードとの調和が上手くいった一つのケースだと思う。

c0156404_753105.jpg
c0156404_7532795.jpg
c0156404_7534175.jpg

Panasonic LUMIX G1, Super Wide-Heriar 15mm/4.5

by kurakame | 2010-05-06 07:57 | Comments(0)
<< ゴールデンウイークの生田緑地 傘寿の帆船日本丸 >>