Tele-Elmarit 90mm/2.8 + G1, 花菖蒲

M8 + NOKTONと、もう1台はLUMIX G1にTELE-Elmarit 90mmでのお遊び。(6月10日、潮来市前川あやめ園)

MFでのピントアシストは、GF1よりもEVFの性能が良いG1のほうが圧倒的に使い易い。手持ちでの前後の焦点移動も慣れればなんとかなる。この日は安全をみて、F=4.0でのトライ。

c0156404_820759.jpg
c0156404_8202214.jpg
c0156404_8203792.jpg

Panasonic LUMIX G1, Tele-Elmarit 90mm/2.8, UV/IR

by kurakame | 2010-06-16 08:22 | Comments(4)
Commented by ramble-leica at 2010-06-18 09:45
ライカレンズはひと味違いますね、デジ一眼レンズとは。
Commented by kurakame at 2010-06-18 10:24
ramble-leicaさん、近頃のデジイチレンズは良く写りすぎて(笑)。
Commented by chousan-drybox at 2010-06-22 02:52
90mmということは180mmを手持ちでビクとも揺れてません
ね。
私の短胴tele-elmaritはこんなにシャープじゃないですね。
堀や古い店の感じが倉敷に似ている気がします。
Commented by kurakame at 2010-06-22 08:18
chousan-dryboxさん、数年前にジャンク同様で手にいれた90mmですが、何故かM4/3デジには相性が良いようです。(笑)
F=4で1/3000ぐらいですから、まあ手ぶれはOK。もっとも横手ぶれに関しては90mmですが。
むしろ、手持ちの場合は被写界深度の浅さから前後ブレに気をつかいます。
<< 小江戸佐原のスケッチから 昼間のNOKTON >>