桐生川源流に紅葉を探る

上流の木々は、それぞれに思い思いに色付きを競ってはいるが、その一部分を切り取って絵にするのはなかなかに困難であることを、改めて実感させられる。

c0156404_7485882.jpg
c0156404_749133.jpg

Leica M8, Super Wide-Heliar 15mm/4.5

by kurakame | 2010-11-25 07:52 | Comments(0)
<< 国立新美術館でカメラ遊び 晩秋 - 山峡の廃屋 >>