二重富士 - おまけは夜明けの月と金星

昨夕、日暮里の富士見坂のダイヤモンド富士ということで、ブログ仲間の「すみれのお嬢」さんや「タケ」さんやその他沢山のカメラ愛好家たちが、あの狭い坂に集まるという。

日没時刻の少し前まで、そこから30kmほど西のわが家のあたりからは富士の方向に雲が掛かっていて、遠く富士見坂の方を案じていたのだが、日没寸前になって富士山頂が顔を出した。

当方でのダイヤ富士は2月6日で、太陽はまだ富士の左肩に没する。

あれっ、富士の上方に富士らしき影が見える(!)。太陽の位置から考えて富士の影がこんな風に雲に映ることはないはずだが(?)。

c0156404_13312891.jpg

D700, AF-S 24mm-120mm/4 G. f5.6 AE(-2.0EV) ISO200. Jan.30'11, 17h00m


先ほどのメディアの報ずるところによると、二重富士という現象で、空気の層の複雑な温度差によって見られることがあるらしい。

この日、東京、埼玉一円で見られた珍しい現象なのだとか。

すみれのお嬢」さんのブログ(←クリック)のイメージと較べると、影の方向がやや違っているのが興味深い。






当ブログのangelaさん(←クリック)が、昨日、今日と夜明けの月と金星を見事に撮っておられる。

もうちょっと早い時刻だと、もっと空はディ-プブルーに写るはずと、お節介を申し上げた手前、早起きして東の空を。

朝も夕も、ずるをして(!)家の窓から手持ちで撮影。隣家の屋根やら盛大な電線やらの隙間からである。

c0156404_1343087.jpg

D700, 24mm-120mm/4. ( f4 1/90 ISO6400 ), Jan.31'11, 06h09m

by kurakame | 2011-01-31 13:55 | Comments(4)
Commented by すみれのお嬢 at 2011-01-31 15:38 x
自然って凄いですね(*_*) 私の見た二重富士はこんなに影に差がありがませんでした
お写真に写る大きな雲が出没して太陽を隠した時には、どよめきが起きてました

場所は違えど、私とクラカメさんは同じ富士を
アンジェラさんとクラカメさんは同じお月様を
色んなところからみる風景って面白いですね
☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;;;;:+☆
Commented by kurakame at 2011-01-31 16:56
すみれのお嬢さん、今日の夕刊に出ていたので、珍しい現象と知りました。
部屋の窓からで、ご覧の通り電線錯乱状態ですが、記録としてアップすることにしました。
今度の日曜日はコチラのダイヤですが、またこの状態で晴れたら撮ってみましょう。(笑)
Commented by bluebrops_angela at 2011-01-31 18:03
クラカメおじさま~~♪
わぁ~~~~~クラカメおじさまとすみれのお嬢さんの二重富士
そして夜明けの月と金星も
それぞれの場所で同じ場所を見つめていたんですね。。
とっても素敵・・・・
クラカメおじさまの月と金星・・電線が都会の空の印象で
空の深い藍色が心に沁み入りますね。。。

皆さん それぞれの想いを感じながらカメラを持っていたんですね。
写真の楽しさをますます感じました。。。
ありがとうございます~~~~☆★☆
Commented by kurakame at 2011-01-31 19:49
angelaさん、60年前の天文少年としては、時折空の現象が気になります。
明けの明星と有明の月、ちょうど起床して雨戸を開ける時刻、昨日の朝たまたま撮ってみましたら、
angelaさんのブログを発見したという次第です。
薄明の空の色と、明るい月の露出のバランスは結構難しいものですね。
<< 銀座ウオッチング - 並木通りから 銀座ウオッチング - ネコちゃん続編 >>