丸の内仲通り - ストリートギャラリー

再開発がほぼ完了した丸の内高層ビル街。
なかでも、車道までもタイル貼りで並木の美しい仲通りは、ブランドブティックが軒を連ねて都内でも指折りの街並みとなった。

並木の間のところどころに現代彫刻が展示されている。
大家さんの三菱地所と箱根彫刻の森美術館によるもので、「丸の内ストリートギャラリー」と呼ばれている。見なれた作品もあれば、新しく登場したものもある。年に1度ぐらい、展示替えがされているようだ。

週日の灯ともしごろ、オフィスのOFFになるちょっと前ぐらいの時間、いつものモクロームフィルムによる仲通りのスケッチ。

     半田 富久
c0156404_8401081.jpg


     D.KRAFT
c0156404_8411464.jpg










































Leica M6, NOKTON classic 35mm/1.4, KODAK BW400CN


↓グループ写真展のお知らせ




第3回「グループしゃとる」写真展~それぞれの瞬間(とき)~
会場 : トウキョウマリンニチドウギャラリー
     千代田区丸の内1-2-1東京海上日動ビル 新館B1F

     JR東京駅、メトロ二重橋前、大手町、いずれも徒歩3-5分
     
会期 : 2月14日(月)~2月18日(金)
     11:00(初日12:00)~18:00(最終日16:00)


「グループしゃとる」は月に1回のペースで撮影会と講評会をを持って写真を楽しんでいる
中高年のグループで、写真家酒井憲太郎先生のご指導をいただいています。



kurakameの在廊予定は

2月14日(月) 12:00-15:00
2月16日(水) 14:00-18:00
2月17日(木) 11:00-15:00

by kurakame | 2011-02-07 08:50 | TL2 | Comments(8)
Commented by ramble-leica at 2011-02-08 08:10
ノクトン、中々の描写ですね。
写真展の準備に忙しい事と思いますが、楽しみでもありますね。
Commented by kurakame at 2011-02-08 08:31
ramble-leicaさん、久しぶりに夕方都内にいましたので、
ノクトンを”開いて”撮ってみることができました。
ISO100だと、もう少しいろいろな機会に撮れるでしょうね。
写真展の準備は既に完了です、1人2点ですから。
ありがとうございます。
Commented by chousan-drybox at 2011-02-08 09:22
雰囲気が良さそうな通りですね。
このレンズは、背景のぼけに潤いを感じますね。
Commented by kurakame at 2011-02-08 11:37
chousan-dryboxさん、加齢とともに街歩きのカメラが重くなって(笑)、
ついにライカまでもです。ズミ35mm/1.4よりはだいぶん軽い(!)。
開放付近の絵をもう少し撮ってみようかと考えています。
ズミでもやってみなければ。
Commented by donna_chiara at 2011-02-09 01:57 x
大好きな仲通りですが、このところ暫くご無沙汰です。
写真展拝見したついでに、ブラブラ出来たらいいと思ってます。
Commented by seibo at 2011-02-09 04:56 x
おはようございます。
素晴らしい構図と雰囲気が伝わって来ました。
写真展の成功を祈念します。
Commented by kurakame at 2011-02-09 07:53
donnaさん、おはようございます。
クラシックスタイルのレンズとフィルムで、最先端の仲通りを撮ってみました。
銀座のように大勢の野次馬さんがいなくて、素敵な通りですね。
Commented by kurakame at 2011-02-09 07:57
seiboさん、おはようございます。
新しい国産(コシナ製)ですが、クラシックスタイルを意図したレンズを使ってみました。
写真展の準備は整いました。1人2点、16名の参加です。
ありがとうございます。
<< 灯ともし刻の行幸通り 生田緑地 - 早春の光を求めて >>