王禅寺ふるさと公園の春 - 白梅

川崎市麻生区と横浜市青葉区との境辺り、王禅寺ふるさと公園は、もうすっかり開発の進んでいる住宅地の中にあて多摩丘陵の名残の10haにも及ぶ自然豊かな公園で、川崎市制60周年を記念して造成されたものというから、'80年代の中ごろのことであろうか。

多目的広場という大きな芝生広場の周辺遊歩道には早咲きの玉縄桜(←こちら)がほころびはじめている昨日今日であるが、どうやら桜は来週あたりであろうかという状態である。

今日はその遊歩道の脇に植えられて、毎年すくすくとという感じで枝をのばしている白梅から。
c0156404_885697.jpg

Leica M8, Super Wide-Heliar 15mm/4.5

by kurakame | 2011-02-27 08:11 | Comments(4)
Commented by belage at 2011-02-27 18:25 x
やっと梅も本格稼働という感じになりましたね。それにしても
玉縄サクラ、見事なものですね。河津さくらのようなこう配種
じゃないような顔してますね。
Commented by kurakame at 2011-02-27 21:18
belageさん、梅は個体によってかなり早咲き、遅咲きがあるようです。
3月の声を聞けば、王禅寺公園の玉縄桜は満開が近付きます。
今から楽しみなのです。(笑)
Commented by bluebrops_angela at 2011-02-27 23:12
こんばんは!
なんて美しい真っ白い梅の花 雪の花のようですね!
とても綺麗です。
玉縄サクラのお写真も拝見しました。透明感のある薄ピンクの
花びらが美しく見事ですね!
もうすぐ三月 桜の開花がだんだん楽しみになってきましたね!(^^)!
Commented by kurakame at 2011-02-28 07:55
angelaさん、おはようございます。
まだまだ新しい(20年あまり)公園なので、植樹された木々も若々しく育っています。
いよいよ春本番(!)の気分です。
<< 銀座ウオッチング - 何時もと... 春間近か - 西新宿 >>