王禅寺ふるさと公園 - 咲き始めた玉縄桜に野鳥が

3月に入っての低温で、早咲きで知られる王禅寺公園の玉縄桜も2、3分咲きの先週末、まだ蕾も多い桜の間をメジロが5、6羽もまるで蝶のように舞っているのに遭遇する。

なにしろ動きの早い小鳥である。90mmのMFではなかなか合焦は追いつかない。ようやく枝に止まった1羽がなんとかゲットできた。MFも面倒だが、こんなケースではAFではどこにピントがくるのかカメラまかせにもなりかねないかも。

c0156404_8255166.jpg

Leica M8, Tele-Elmarit 90mm/2.8, UV/IR







わが家の小さな庭先でも、メジロとヒヨドリの空中戦はよくみられるのだが、ここにもやはりヒヨドリが現れると、メジロたちは別の樹に移動する。

悠々と花びらや蕾をついばむヒヨドリ。

c0156404_8312030.jpg
c0156404_8313631.jpg

いずれもクリックで画像拡大。

by kurakame | 2011-03-07 08:35 | Comments(4)
Commented by belage at 2011-03-07 22:27 x
こういう枝の多いシーンで動くものをAFで撮るのは
大変ですね。MFはもっと苦労しますが(笑)GF1が
もっとも苦手とする演技種目です(笑)
Commented by kurakame at 2011-03-08 07:50
belageさん、長めのレンズですと前後のどの枝にAFがくるのかがモンダイですね。
MFでは被写体が動き回るのはタイヘンです。(笑)
Commented by seibo at 2011-03-08 18:10 x
こんばんは。
ナイスショット 動きまわるメジロが綺麗に決まっていますね。
Commented by kurakame at 2011-03-08 22:24
seiboさん、この日は90mm(120mm相当)単焦点1本でしたので、
まあなんとかこのような絵が撮れました。
ズームだとまた迷いが生じたりします。
<< 王禅寺ふるさと公園 - 桜が満... 王禅寺ふるさと公園 - 足踏み... >>