久々のバルナックライカ with ズマロン35/3.5

晴れたらデジ、曇りの日にはモノクロフィルム。

と、決まっているわけではないが、どん曇りにはモノクロームのフィルムが良く似合うような気もしている。


何となく、加齢とともにカメラやレンズの重さがこたえる今日この頃、久しぶりにバルナックライカを持ち出してみる。改めて、小さい、軽い、(!)。

このⅢaは、時折このブログにも登場する'36年、かのベルリンオリンピックの年にナチスドイツで生産された。で、ボクと同年齢の75歳である。この日のレンズは、これも小っちゃい'50生まれのズマロン。


c0156404_8182993.jpg

Leica Ⅲa, Summaron 35mmm/3.5, ILFORD XP2.









さすがにレンジファインダーのミラー系に曇りがあるのかあまり見やすくはない。
まあ35mmなので、距離は目測で充分。外付けファインダーはコシナ製を流用。

c0156404_964337.jpg

by kurakame | 2011-03-11 08:22 | Ⅲa | Comments(2)
Commented by getteng at 2011-03-12 08:26
kurakameさん、
地震お見舞い申し上げます。
これにて東南海地震も現実のものとなりました。
Commented by kurakame at 2011-03-12 08:40
gettengさん、ありがとうございます。
東京でお見舞いをいただいて、いいものかどうかという感覚ですが、
確かに当地も良く揺れました。(陣度5弱?)
これで、東海地震のエネルギーも発散された、とはいかないのでしょうか。
<< 大地震・大津波お見舞い 王禅寺ふるさと公園 - 桜が満... >>