家路

あの日から1週間が経過。被災地の状況は原発も含めてますます危機的状況に直面してきているのか。

こちらでは辛うじて、計画停電の予定に振り回され、いささか交通の不便を味わう以外に、普段の生活が続けられるものの、ノーテンキに写真を撮る気がなかなか起きてこない。

しかしながら、それぞれに一人一人が、出来る限り早く普通のふるまいに戻ることが必要ではないのだろうか。


あの日の、前日の夕方に撮った銀座の街角。


c0156404_8111688.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH., UV/IR

by kurakame | 2011-03-19 08:12 | Comments(2)
Commented by seibo at 2011-03-21 06:30 x
おはようございます。
ぼちぼちとブログを再開しました。
早く被災地が復興できることを祈念して癒しの画像を
お届けできれば。
Commented by kurakame at 2011-03-21 07:47
seiboさん、おはようございます。
鎮魂と励ましに、少しでも拘わるような写真がどう撮れるのか、
迷いながらの再スタートになればと考えてはいますが。
<< 銀座 - 2011年3月10日夕 大地震・大津波お見舞いとお悔やみ >>