(続)バルナックライカwithズマロン35mm/3.5

’70年代の初め頃だっただろうか、わが隣村の多摩丘陵の南端あたりのゆるやかな丘にも団地ブームが押し寄せて、これは公団ではなく公社であったが数多くの団地型の集合住宅が建設されていった。

私鉄の駅から2kmぐらいの、当時は山の中であったのが、その団地型RC4階建ての建物も今では第2世代となっていて、いつのまにか大型の高層住宅が何棟かに集約されてきて、すっかり新しい街に生まれ替っている。

当初から残された、谷戸のかすかな水の周囲の雑木など緑の多い環境は健在である。


やがていっせいに新芽がふきだすと、建物もこのようには見えなくなる。

c0156404_8123085.jpg

Leica Ⅲa, Summaron 35mm/3.5, ILFORD XP2

by kurakame | 2011-03-23 08:17 | Ⅲa | Comments(0)
<< 節電中 銀座 - 2011年3月10日夕 >>