梅から桜へ - 三輪の里

4月。ここ数年については、もう桜の画像がブログの画面にも氾濫していたのだが、今年は満開までには1週間ほど間があるようだ。
もっともこれで例年並みとか。

町田市と川崎市の間あたり、三輪の里にはまだまだ在来の山や畑が残っている長閑な風景が広がっている場所がある。
白洲正子さんの説によれば三輪の地名は大和の三輪山に由来するのではないかと。


ある個人の土地に梅の林があり、菜の花が植えられて、大きな桜の古木が点在する。
桜の蕾は大きく紅色にふくらんで数日後の開花を待ち、梅も辛うじて花を残していた。(3月29日)

c0156404_827193.jpg


c0156404_8271547.jpg


c0156404_8273735.jpg

LEICA M5, NOKTON classic 35mm/1.4, Ektar 100

by kurakame | 2011-04-01 08:31 | M5 | Comments(0)
<< 近郊里山散策 - 小さな田圃 PC NIKKOR 28/3... >>