二ヶ領用水 - 川崎市多摩区

川崎市の二ヶ領用水は、川崎市多摩区の上河原と宿河原の2箇所から多摩川の水を堰入れて、川崎市中心部(鹿島田)に近くまで開削され、1611年に竣工した南関東最古の農業用水路であるという。

桜の並木の多摩川取水堰から南武線宿河原駅近くまでを歩いてみる。原型に近いのかと思われる石積みを上手く残した護岸や、水面ちかくの変化のある遊歩道などは、近年よく見られる無味乾燥なコンクリートの都市河川とは一味も二味も違った存在に見える。

c0156404_8175179.jpg
c0156404_818862.jpg

Leica M8, Summilux-M 35mm/1.4 ASPH. UV/IR







二ヶ領用水は多摩川の取水堰でコントロールされた清流で、陽気に誘われた子供たちが魚採りに夢中になっていた。「何がとれる?」「ザリガニ!」。

c0156404_8244663.jpg
c0156404_8245821.jpg

いずれもクリックで画像拡大します。

by kurakame | 2011-04-10 08:27 | Comments(6)
Commented by seibo at 2011-04-10 14:42 x
こんにちは。
川崎宿河原は懐かしいですね。
南武線などもよく乗りましたよ。
Commented by kurakame at 2011-04-10 16:29
seiboさん、大学がお近くだったのですね。
小田急沿線に越してきて40年、現役時代は車で動いていましたので、
南武線にはあまりご縁がありませんでした。
桜の季節には、奈良だ京都だと出かけてばかりいましたので、
ここ二ヶ領用水は今年が始めてというお粗末でした。
Commented by belage at 2011-04-10 17:28 x
へ~、こんな素敵なスポットがあるんですね。初めて
知りました。1600年代ですか。随分と古いですね。
神田上水、玉川上水といい、日本の土木技術の高さ
に今更ながら驚きます。ボクの学生時代の勉強なぞ
この時代の方に負けてました(苦笑い)
Commented by kurakame at 2011-04-10 21:40
belageさんお得意の多摩川サイクリングロードにつながっています。
「家康の命を受けた用水奉行の小泉次大夫が、
地域農民の協力を得て14年の歳月をかけて完成した。」
とありました。
Commented by chousan-drybox at 2011-04-10 23:25
遊園から中之島あたりまでしか行きませんでしたが、いつ行って
も鴨と大きな鯉が迎えてくれました。
桜もきれいなところですね。
ザリガニつりをする子供たちともよく遭遇しました。
水温む頃から子供たちが水に入って遊ぶ情景は見ているだけで楽
しそうでした。
Commented by kurakame at 2011-04-11 08:03
chousan-dryboxさん、近くに住んでいながら初めての二ヶ領用水でした。
たしか貴兄のブログで拝見した記憶があり、一度訪ねてみようと思いながら、
ようやく今回少しだけの実現でした。
<< 多摩川春爛漫 - (続)二ヶ領用水 新宿御苑のハナモモ >>