信州白馬村の春 - 薪

街道からちょと入った集落。村のメイン道路に面した民家(半農?)の倉の壁に薪がぎっしりと貯蔵されているのに遭遇する。

暖房用なのか燃料用なのか、冬が過ぎてまだ割りたてのような薪であった。

c0156404_7504492.jpg

D700, Tamron 28mm-200mm/3.8-5.6.
クリックで画像拡大します。







c0156404_7531724.jpg

by kurakame | 2011-05-01 07:56 | Comments(2)
Commented by ramble-leica at 2011-05-01 09:57
D700フルサイズ、モノクロでの力発揮ですね。
最近はD7000の軽いのを使っています。それも時たまですが・・・
Commented by kurakame at 2011-05-01 14:05
ramble-leicaさん、老齢にD700はかなり堪えます。(笑)
この日はM6+SWHと二刀流だったので、
とりあえずレンズは軽いTam28-200としましたが。
<< 信州白馬村の春 - ミズバショウ 信州白馬村の春 - コブシ >>