季節の真四角 - シャクナゲ

「花の御寺」として知られる、真言宗豊山派の名刹高蔵寺(町田市三輪)は、特にシャクナゲで有名である。

ここも開花がやや遅れ気味だが、連休後半、よく手入れされた境内前庭のシャクナゲはすでに終わって、ボタンやシャクヤクの季節に入っていた。


   裏側のシャクナゲ園では、時期の異なる多数の株が栽培されていて、まだまだ最盛期の花も多く見られていた。

c0156404_827135.jpg

Panasonic LUMIX GF1, G 20mm/1.7






   高蔵寺は小田急鶴川駅の南側、徒歩15分~20分のところ。「白洲正子さんの散歩道」の途中でもあったという。

c0156404_832201.jpg


c0156404_832397.jpg

by kurakame | 2011-05-09 08:35 | Comments(2)
Commented by seibo at 2011-05-09 10:28 x
おはようございます。
素晴らしい花に癒されて魅入っています。
Commented by kurakame at 2011-05-09 13:15
seiboさん、こんにちは。
隣村なので、時折散歩に訪れるお寺です。
連休前には、まだ畑(シャクナゲ園)は蕾でしたので、
ややゆっくり行ってみたらピークはちょっと過ぎでした。
<< 街角モノクローム - 久々の渋谷 安曇野の新緑 >>