ポジフィルムの新緑三昧 - NOKTON50/1.1絞りをを開けて

新緑の日本民家園。

コシナ社製のフォクトレンダーブランド、NOKTON 50mm/1.1をピーカンの昼日中に絞りを開けて使ってみる。
50年前のカメラ青年には絞り開放なんて使えないというトラウマと「貧乏性」がこびりついている。


現代のレンズのほとんどが絞り開放から素晴らしい(ときにはユニークな)描写を誇ることは充分頭の中では解っているのだが。
また、貧乏性が出て(?)、ここではf=1.4での作例である。

昼間のf=1.4、フィルムライカのシャッター最高速は1/1000、これもあまり潔しとしないのだが、減光フィルターを使用する。

c0156404_8244245.jpg

LEICA M5, VOIGTLANDER NOKTON 50mm/1.1, RDPⅢ、ND8.






c0156404_8212761.jpg


c0156404_8214398.jpg

いずれもクリックで画像は拡大します。

by kurakame | 2011-05-22 08:28 | M5 | Comments(0)
<< ポジフィルムの新緑三昧 - 日... ポジフィルムの新緑三昧 - 生田緑地 >>