谷根千徘徊 - よみせ通り


梅雨の晴れ間のメトロ千駄木駅からぶらりと谷中銀座方向へ歩く。下町レトロの活気あふれる谷中銀座は休日ともなると地元の買い物客や、それ以上の観光客で溢れかえるのだが、週日の昼過ぎ、真上からの陽射しを避けて、店先の商品の多くは日除けにシートなどがかけてあり、さすがに買い物にも早い時間か、閑散としていた。

谷中銀座に直交しての古くからの商店街が「よみせ通り」。道幅がやや広く、通過交通があるために、やや活気に乏しい印象ではあるが、日曜雑貨店や衣料品、昔ながらの飲食店などが軒を連ねている。


  時折通りかかるのは地元の人たちか。
c0156404_89778.jpg

Leica M8, SWH 15mm/4.5







   よみせ通り商店街は

「谷中の」よみせ通りとも呼ばれているようだが、実はこの通りは台東区谷中と文京区千駄木との境目である。
  
    店先の植木がが生い茂ってしまった中華料理店店の脇の横丁は、もうほとんどが新しい住宅に建て変わっている。
c0156404_8165021.jpg

by kurakame | 2011-06-19 08:21 | Comments(4)
Commented by KONDOH at 2011-06-19 23:05 x
こんばんは。
谷中銀座は一度だけ歩いた事があります。
結構人の多いところなんですね。
Commented by kurakame at 2011-06-20 08:04
KONDOHさん、谷中銀座はメディアの影響もあって、休日には観光客で溢れています。
カメラ愛好家も当然また多くて、ついには撮影禁止の札を下げているメンチカツ屋さんも出る始末。(笑)
Commented by seibo at 2011-06-20 16:37 x
kurakameさん:こんにちは。
しかし、撮影禁止の店まで出るなんて凄い人気ですね。
Commented by kurakame at 2011-06-20 21:44
seiboさん、TVで紹介されると、どこでも一挙に客が増えるのはいいのでしょうが、
商売に関係のない客もまた大勢押しかけると営業に支障をきたすのですね。
<< 谷根千徘徊 - 下町ガーデニング 高原の水生植物園 >>