谷根千徘徊 - 下町ガーデニング


いわゆる下町の住宅街を中心として、道路と建物の間の狭い空間を利用したささやかな植栽を楽しむ風習は、多分戦前からのものであろう。

小さな自分の庭を持つと同時に道路や路地の景観をやわらかに彩る、先人からの知恵を思う。

今や、下町に限らず、山の手でも郊外でもこの風習は見られるが、ここは何としも下町情緒である。
人呼んで、下町ガーデニング、あるいは路地裏ガーデニング。


  梅雨の合い間の谷根千徘徊で出会ったしたまちガーデニングの一部を順不同で。
c0156404_8273633.jpg

Leica M8, Elmarit-M 28mm/2.8, UV/IR





c0156404_8293467.jpg
c0156404_8295434.jpg

by kurakame | 2011-06-21 08:31 | Comments(2)
Commented by getteng at 2011-06-21 21:27
kurakameさん、
M8ってデジタルですよね?
対抗して出したX100は取り扱い難いカメラです。
使い手が悪いのでしょうが・・・。
Commented by kurakame at 2011-06-21 21:48
gettengさん、こんばんは。
M8はデジタルですが、ほとんどフィルムライカと同じで、
フィルムがセンサーに替ったような、クラカメです。
X100は興味を持っていますが、詳細は良く勉強していません。
たぶん、ライカと同じようなレンジファインダーだから
昔のカメラを思い出して扱ってみられては?
<< 谷根千徘徊 - (続)下町ガー... 谷根千徘徊 - よみせ通り >>