束の間の一日、快晴の夏至

夏至の東京地方の日の出は4時25分、日の入りは19時0分ごろで、昼間の時間は14時間半ほどということになる。

大抵は梅雨の真っ最中であるが、昨日の東京地方は朝からの快晴が夕方近くまで続いて、気象庁によると、日照時間が12時間を記録したという(新記録?)。夜中から今朝にかけてはまた雨(!)。

あまりのカンカン照りに、つい、太陽に向けて(ご法度ながら)大急ぎでシャッターを切ってみた。昼間の太陽に(特に)大きなレンズを向けてもたもたしていると、シャッターなどを損傷する恐れがあり要注意(!)。

c0156404_7573823.jpg

Leica M8, Color Skopar 21mm/4, UV/IR




       ご近所の住宅地と駅前商業地を分ける「こやのさ緑道」

c0156404_804721.jpg

by kurakame | 2011-06-23 08:04 | Comments(4)
Commented by belage at 2011-06-23 11:03 x
暑さを実感する写真ですね。夏休み先では超40度を経験
してきましたが、湿度が違うせいか、帰国して日本の暑い
こと、暑いこと(苦笑)
ご無沙汰でした。今日から営業開始しています。
また宜しくお願いします。
Commented by ramble-leica at 2011-06-23 16:28
今日も暑く、しかもむしむしと来る。
この太陽のように、速く梅雨が明けて欲しいもんですね!
Commented by kurakame at 2011-06-23 22:29
belageさん、お帰りなさい。
こちらの国は何も変わっていませんでしたね。
聖地巡礼の旅でしたか。(羨)
あちら方面の知識も経験も乏しいので、また上手くコメント差し上げられるか、
まずは、ゆっくりと楽しみにさせていただきます。
Commented by kurakame at 2011-06-23 22:31
ramble-leicaさん、今日はもうしっかりと梅雨空に戻りました。
しばらく振りで銀座のライカさんに寄って、キャパのヘミングウエイを見てきましたよ。
<< 銀座ウオッチング - 紫陽花 谷根千徘徊 - (続)下町ガー... >>