谷根千徘徊 - 気になっている建物


藍染大通りと「へび道」が交差する、このあたりでは大きな十字路の角に、いつも気になっている一軒の旧い住宅がある。

もう空家であるかのように見えたのだが、この日は格子戸やガラス度の桟なども綺麗に掃除されていて、深い軒下には鉢植えの「ガーデニング」が並んでいた。

ブログ仲間のYakkoさんのコメントによると、先日TV用のCMロケがここで行われていたとのこと。
で、綺麗になっていたのか、軒下のバイクは何時もここにおいてあるが。

c0156404_894693.jpg

Leica M8, Elmarit-M 28mm/2.8,UV/IR






デザイナーによる「作品」もいいが、なにげなく無名の職人さんの手になったであろう美しい建物が時を経ていっそう輝いて見えるようになっていくのは何とも気持ちがいい。

おおらかな勾配の大屋根にゆったりと覆われた平屋建て、深い軒、出入り口の格子戸や大きな窓の単純な直線も小さな建物のフォルムを上手く引き締めているように見える。

c0156404_818255.jpg


c0156404_8185050.jpg

by kurakame | 2011-06-27 08:26 | Comments(6)
Commented by ramble-leica at 2011-06-27 21:01
大阪のど真ん中に、やはり気になるこのような建物があります。何枚かシャッターを切りましたが・・・住んでいるのかどうか分かりません。生活感がによってきませんが!
Commented by kurakame at 2011-06-27 21:37
ramble-leicaさん、こんばんは。
谷中、根津、千駄木、総称して谷根千と呼ばれているこの地域には、
比較的多くの昭和が残っているのですが。
この建物には何か違ったオーラがあるように思えてのショットでした。
Commented by bluebrops_angela at 2011-06-28 08:08
おはようございます。
わぁ~~~古き情緒あふれる民家ですね。今も大切に管理されて
お住まいになられているのですね。
私も来月あたり、東京に遊びに行きたいと思っています。
大きなカメラは持ち歩くのが不便なので、GF1をお伴に行きたいと思います。
モノクロ写真でタイムスリップしたような感覚にもなりますね~♪
Commented by kurakame at 2011-06-28 08:34
angelaさん、おはようございます。
何気ない素直な造りが気にいっています。街中にあってこそのカタチであるのかも知れません。
Yakkoさんのお店のご近所でした。
東京にも是非、お元気な姿をお見せください。
Commented by Yakko at 2011-06-29 15:39 x
すでに携帯電話のCMで流れてました! 
ほんの一瞬だけこのお宅の軒下に桑田さんと女性が雨宿りしてるシーンです

見慣れた谷根千の風景も Kurakameさんの手にかかると
うわ~素敵な町ね♪ なんてつぶやいちゃうことがあります(笑)

Commented by kurakame at 2011-06-29 20:02
Yakkoさん、あまりTVを見ないkurakameですが、先ほど偶然にCMを見ました。
雨宿りの格子戸はまさにこの家でしたね。
谷根千は素敵な」街ですよ(!)。
<< 梅雨の中休み - ピーカンの新宿 銀座ウオッチング - 紫陽花 >>