JR京都駅を遊ぶ - 大階段、イベント広場

近未来風デザインで設計コンペ後さまざまに物議を醸したというJR京都駅も竣工後すでに14年を経て進取の気性にも富むといわれる京都人にはすっかり馴染まれているのではないだろうか。

動線が多少ややこしいとかの評もあるが、なにしろ周辺空間がダイナミックで面白い。
タローさん(岡本・・)風に云えば、「迷ったっていいじゃないか、」。

遊び場のイチバンは、段丘のイメージといわれる屋外大階段は建物の屋根である。2階にあたる南北通路からエスカレーターと平行して最上階の屋上広場に続く。この東西に長い建物(駅なのである)には、南北に吹き抜けるいくつかの仕掛があり、そのひとつが、この「室町小路広場」で、大階段の下に位置して、イベントのステージともなる。この広場は文字通り、京の室町通りの延長線上にある。


室町小路広場の吹き抜けから南を眺める。新幹線ホームの屋根が水平に連なる。

c0156404_8343545.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5




28mmのPC-NIKKORはやはり40年近く昔のレンズ。フルサイズのデジイチに会うとそれなりに弱点をもさらけ出すようだが。まあ、手持ちとはいえシフトレンズは建物撮りにはありがたい。

大階段の下のほうに見えるのが室町小路広場。階段に座ってイベントを観賞することになる。
c0156404_842046.jpg


室町小路広場から見上げる大階段。この広場、というよりは広めの階段踊り場である。3-4階当たりにある。
c0156404_8443389.jpg

薄日ではあったが、夕方の西日をモロに受けての逆光撮影はさすがに旧いレンズ。
c0156404_8461850.jpg

by kurakame | 2011-08-03 08:50 | Comments(6)
Commented by seibo616 at 2011-08-03 09:44
kurakameさん:こんにちは。
この京都駅の大階段を駆け上って折り返す競技会があったような。
新選組の恰好で参加した方の話をききました。
Commented by kurakame at 2011-08-03 15:53
seiboさん、エンパイヤーステートビルや東京タワーの階段競争は聞いたことがあります。
それらから較べると、この京都駅大階段は「短距離走」(!)ですね。
Commented by ramble-leica at 2011-08-03 22:03
こんばんは。
この京都駅,いつ行ってもひしゃたいになりますね・・・
飽きません,一日いても。
Commented by belage at 2011-08-04 18:22 x
ん~ん、やはりこの駅はボクには馴染めません。京都女性同様で
近寄りがたい(爆)
この写真の場所は知りませんでした。流石ですねぇ。
Commented by kurakame at 2011-08-04 22:22
ramble-leicaさん、いつも通りがかりの立ち寄りショットになります。
ゆっくりと遊んでいられると面白そうですね。
Commented by kurakame at 2011-08-04 22:26
belageさん、駅の構造は単純明快であればいいので、お遊びのデザインはもろもろの環境が許せば
楽しい場所が一杯あってもいいのではないかと思っています。
この巨大屋外階段もヒマな人や観光客意外はなかなか気がつかないようです。
<< JR京都駅を遊ぶ - 中央コンコース 銀座ウオッチング - 週末のマ... >>