銀座ウオッチング - 横丁夕景


縦横に整然と区画されている銀座の通りであるが、大通り以外の通りは何と呼べばいいのか、「裏通り」何か寂しい、「横丁」にしては広過ぎる。

大通りに面する角地は大型のビルの側面になったり、大通りから1本裏側はもう大抵は大型ビルの裏側になったりして、表情も様々だ。


画面左側の黒いビルは晴海通りに面するGIORGIO ARMANI。

c0156404_8445747.jpg

Leica M8, Super Wide-Heliar 15mm/4.5









宵の光が少しずつ増えてきた晴海通りのアルマーニ。標準レンズに付け替えて。

c0156404_8511087.jpg

Leica M8, NOKTON classic 35mm/1.4

by kurakame | 2011-08-19 08:55 | Comments(4)
Commented by belage at 2011-08-19 17:53 x
やはり横丁ですかね。銀座もちょっと前は例の民法で定める50cm
ルールでホントの路地みたいのがありましたが、最近全く見えなく
なりました。8丁目の柳通りに数本あるくらいでしょうか。
Commented by kurakame at 2011-08-19 21:10
belageさん、そうですね、路地もありましたが。
並木通りやみゆき通りの次ぐらいの道路は、横丁では可哀相なおで、「通り」でしょうか。
Commented by seibo616 at 2011-08-20 08:22
kurakameさん:こんにちは。
超広角レンズの迫力に圧倒されました。
Commented by kurakame at 2011-08-20 14:48
seiboさん、超広角レンズ、なかなか思うように働いてくれません。(笑)
このレンズはフルサイズの15mmなので、まだまだ暴れん坊の余地が残されています。
このカメラでは20mm相当の画角です。
<< memories ① -’62... 銀座ウオッチング - メゾン・... >>