memories② - ’59年、国道9号線

学生の頃からのネガが溢れてしまって、夏の1日、思い切って整理、大部分を廃棄することとした。
ふと、目にとまった、記憶が新鮮ないくつかのシーンを、夏の終わりの自分史のメモとして。
旧い写真ゆえ、カビ、キズ、退色等々はご容赦のほどを。


’59年12月、国道9号線で

先輩のMさんが大学院の都市計画専攻に進学したことで、クルマで日本1周しながら都市と建築の観て歩きを計画された。幸い、友人のツテで、トヨタさんから中古のライトバンを無償で貸与していただき、Mさんのアルバイトの設計報酬を資金としての冬休みの旅であった。

当時、クルマもまだまだ少なく、学生でライセンスを持っているものもわずかということで、ペーパードライバー同然のkurakame青年は、後半の西日本に同行させていただいた。(概要は↓More欄で)
当時、高速道路は皆無、1号線の東海道でさえ、一部は未舗装の道路状況であった。

年末の兵庫県北部の国道9号線である。故障が修理できるわけでもないのに、一行はツナギの作業衣などを持ち込んで格好をつけていた。

このときは、なんの故障かは覚えていないが、そのちょっと前に落輪して通りかかりの定期便のトラックに引っぱって貰った記憶がある。すれ違いも一苦労の狭い国道である。


これから峠を越えて日本海側に出る、ちょっと手前。「気をつけて行けよ」とトラックの運転手に励まされた。
c0156404_8374829.jpg

Canon L2, Serenar 35mm/2.8. *(プリントからのスキャン)





c0156404_8381164.jpgこの旅の企画、スポンサーは全て東京大学高山研究室の院生であったMさん。後の人気建築家であり、大学の学生たちと世界の建築サーベイでも多くの実績を残して、先年、惜しまれて早い生を閉じられた。

旅の一行は3名。
Mさんは仮免中。正ドライバーはセミプロ級の腕前のU君。

アシスタントが西日本担当のkurakameであった。学生でもあり、全行程2週間あまり、その大半はライトバンに寝袋を持ち込んでの車中泊。冬休みに帰省中の友人の実家にも何回かお世話になる。

←クルマを停めて写真を撮るMさん。


     行程(西日本)の概要。(’59年12月下旬~’60年1月上旬)

名古屋 → 彦根 → 舞鶴 → 三朝温泉(三仏寺) → 倉吉 → 米子 → 萩 → 秋吉台、秋芳洞 → 下関
→ 小倉 → 大分 → 阿蘇 → 天草 → 雲仙 → 長崎 → 佐世保。

     佐世保のU君の実家で’60年の新年を迎える。

佐世保 → 福岡 → 宇部 → 宮島 → 廣島 → 倉敷 → 高松 → 今治 → 松山 → 高知 → 徳島 → 
淡路島 → 神戸 → 奈良 → 名古屋 → 東京。
by kurakame | 2011-08-23 08:48 | Others | Comments(6)
Commented by seibo at 2011-08-23 12:06 x
kurakameさん:こんにちは。
まさに日本の原風景に遭遇しました。ツナギの泥の風情が良い。
Commented by getteng at 2011-08-23 13:15
kurakameさん、
茅葺屋根の家屋と古いスタイルの車、いずれも年代を感じますね。
それに使用カメラまで覚えているとは、さすがに整理がよろしいようで・・・。
Commented by kurakame at 2011-08-23 15:41
seiboさん、未舗装の国道はほとんどだったので覚えていましたが、
今、写真を見ると道路の狭いこと(!)、れっきとした国道です。
それに、こんなに藁葺きの民家が多かったのも驚きです。
民家は意識して撮ったわけではありません。ひたすら故障の記録でした。(笑)
Commented by kurakame at 2011-08-23 15:45
gettengさん、ルートの記録に宮島、廣島が抜けていました。
大変失礼をしました。しっかりと見て廻っていましたので追加しておきます。
学生時代のカメラは、一番安いCanonのL2にレンズもこれ1本でしたから、間違いようがありません。(笑)
Commented by belage at 2011-08-23 17:55 x
は~、懐かしい。これダットサンという名前じゃなかったかしら。
確かに1号線もこんな風景がありましたね。クーラーもなく
土埃まみれになって高校時代伊豆まで行ってました・・・
然し、こういう写真って貴重ですね。ボクも随分と撮っており
ましたが、どこに行ってしまったか(とほほ)
Commented by kurakame at 2011-08-23 20:54
belageさん、当時としては若者の大冒険の1枚の記録です。(笑)
このクルマはクラウンと平行して生産されたトヨペット・マスターの商用車版。
トヨペット・マスターラインといったライトバンだったと思います。
<< memories③ - ’60... memories ① -’62... >>