バルナックライカで街歩き - 東京町田


町田市は小田急とJR横浜線の交差するところに位置し、東京西郊のというよりも、神奈川(相模)北東部の一つの核として発展してきた。

小田急線が多摩川を過ぎると、わが川崎市(神奈川県)に入るのだが、もう少し行くとまた、東京都になる。町田を過ぎるとまた神奈川県である。

JRと小田急の駅は歩いて数分ほど離れていて、その両駅の周辺は当然大小のビルが占め、大手のデパートも入っているのだが、近年になって大型の商業施設が沿線にも分散して、一時の元気が無くなったのではないかと思える町田の街である。


まだ残暑の厳しかったころ、高架の駅前施設をグランドレベルに降りて在来の商店街を歩いてみる。かつての繁栄を取り戻そうとの意気込みが感じられる下町風の情景がここにはあった。

c0156404_828473.jpg

Leica Ⅲa, Summaron 35mm/3.5, Fuji Pro 400





  
     バルナックライカ

1930年から50年代の半ばごろまでに生産されたライカのシリーズを、その産みの親オスカー・バルナックに因んで、後継のM型ライカと区別するためにバルナックライカと呼んでている。

レンズ交換式、距離計連動の35mm判(ライカ判)カメラで、'35年に1/1000のシャッタースピードを得て以来、基本的な機能は露出計を除いては現行ライカと同じである。

手許に在るⅢa型は、すでに紹介済みであるが1936年、ナチスドイツのベルリンオリンピックの年に生産されたもので、小生と同い年(!)なのだ。


     町田の街をもう少し

c0156404_840161.jpg
c0156404_8401355.jpg
c0156404_8402854.jpg

by kurakame | 2011-09-28 08:46 | Ⅲa | Comments(10)
Commented by ramble-leica at 2011-09-28 09:57
街中ぶらりには、手軽でかまえなくていいもんですね!
もう久しく使っていませんが・・・
Commented by seibo at 2011-09-28 10:08 x
kurakameさん:こんにちは。
昔小田急線で生田駅まで通っていた当時は、小田急線の新原町田駅が今の町田駅でしたね。駅前が素晴らしく発展してビックリしました。
Commented by peke001 at 2011-09-28 10:45
街は大型店の進出や撤退で大きく変貌しますね。
お近くの多摩ニュータウンも40年、一部解体も始まったようで・・・・
Commented by belage at 2011-09-28 13:35 x
町田の勢いもちょっと一休みですか。でも、東京近郊の
ベッドタウンの中ではやはり随一の賑わいではないかしら。
あの吉祥寺も今や大分ポテンシャルが落ちてしまいました。
やはり総体的な日本デフレ・スパイラルの影響が強いですね。
Commented by kurakame at 2011-09-28 20:28
ramble-leicaさん、バルナックの手軽さは、フルオートのコンデジ並み(?)でしょうか。
f8、1/1000、距離2m・・・、そんまんま。(笑)
Commented by kurakame at 2011-09-28 20:30
seiboさん、そうでしたね、原町田、新原町田、でしたっけ。
現在は、JRも小田急も町田となっています。
Commented by kurakame at 2011-09-28 20:33
ペケちゃんさん、多摩ニュータウンもお隣村(!)です。
つい最近出来たばかりだと思っていたら、もう大規模リニューアルの必要が生じているようです。
Commented by kurakame at 2011-09-28 20:35
belageさん、あちらこちらの隙間を狙っての大型商業施設の展開が郊外都市の均質化に繋がっているのでしょうか。
Commented by chousan-drybox at 2011-09-28 23:01
先日町田の図書館に行く機会がありましたが、表より裏通りの方が活
気があって面白いですね。
表側はもっと発展するかと思いましたが。
Commented by kurakame at 2011-09-29 08:32
chousan-dryboxさん、時間をかけて発展してきた商店街と、
ある意味で机上で計算された新しい施設との違いかもしれませんね。
<< 寺家ふるさと村(横浜市青葉区)の秋 街角モノクローム - 上野・三景 >>