寺家ふるさと村の秋(続) - 稲刈り

日本の農業も機械化が進んで、稲作においても、かつては人力での家族作業に適した水田の規模、およそ10アールあたりに畔で区切られていたのが、大型機械の導入に便利なようにその10倍規模程度に1枚の田を大きくする改良が実施されたと聞く。

ここ寺家ふるさと村では、昔のままの田圃(たぶん)が残っている。少し歩いてみると、ちょうど稲刈りの最中のお父さん、お母さんに出会った。稲は台風で倒れているものが多かったが、畔まわりの稲を手作業で刈り取っていたお母さんに伺うと、刈り取り直前の台風だったので、収穫に直接の被害は無かったとのことであった。

c0156404_8143014.jpg

Leica M8, Carl Zeiss Distagon 4/18 ZM






上記の田圃でもお父さんは小型の機械を使用していたが、別の田圃でもこの機械が活躍していた。
まだまだ山間地の棚田などの狭い土地向けに小型の稲刈り機が開発されたものと思われる。

c0156404_8202218.jpg


寺家ふるさと村、すぐ近くまで、近郊住宅地が迫っている。なにしろ、バスで10分電車(急行)で渋谷まで30分という場所なのである。
c0156404_8224855.jpg

2枚目のみ、Voigtlander NOKTON classic 35mm/1.4

by kurakame | 2011-10-01 08:25 | Comments(12)
Commented by bella at 2011-10-01 09:36 x
お早うござります~  私も田植えの季節は必ず見物に出かけるのですが、刈り取りの季節は高速道路などから 眺めるだけのことが多いです。 でも確かに最近は ’収穫の秋’というより、’収穫の晩夏’という感じですね。   
芸術家の話しですが、品行方正、真面目一徹、田んぼが大好き!、なんていう 私のような?人は いい芸術作品は 出来ないということのようです・・  ^&^
Commented by imaipo at 2011-10-01 09:44 x
お早うございます。
鎌での刈り取りは珍しいですね
写真の奥の方にはざかけが見えます良い風景ですね。
Commented by belage at 2011-10-01 17:00 x
手で刈るとは珍しいですね。北海道のクマゲラさん情報に
よると今年は豊作のyほうだとか。ちょっと台風が気になり
ましたが、まずはめでたし。後は放射能汚染の問題ですね。
なんだか頭が痛いです(農家の方の方が大変ですが・・・)
Commented by kurakame at 2011-10-01 20:24
bellaさん、ここはボクの隣村(!)なので、里山も含んで年に数回は遊びに出かけます。
子供の頃(関西ですが)の記憶からすれば、ずいぶんと刈入れも早い時期になったように思われます。
芸術家の話(笑)、これはボクの個人的な「言い訳」のつもりだったのです。
誰かさんのように、品行方正、マジメ一徹でも素晴らしい芸術が生まれる例も多々あるのですから。
Commented by kurakame at 2011-10-01 20:27
imaipoさん、狭い田圃の畔まわりなどでは鎌での手作業は残っているようです。
ワイドレンズで目一杯、奥のほうに稲架を入れてみました。
Commented by kurakame at 2011-10-01 20:31
belageさん、なんだかんだと云われながら、お米は毎年豊作続きの印象ですね。
ここでは実りきったところでの台風でことなきを得たようですが、稲の成長度合によっては台風被害は大きくなるのでしょう。
放射能汚染、本当のところは、???です。
Commented by seibo616 at 2011-10-02 05:55
kurakameさん:こんにちは。
手での稲刈りは、珍しい田園風景になりましたね。棚田なども手で刈り取るのでしょうか?でも絵にはなりますね。
Commented by ヒューマン at 2011-10-02 06:55 x
おはようございます
日本の農業の縮図ですね。家族・手作業・小規模。
衰退する農業に危惧しています
Commented by kurakame at 2011-10-02 08:22
seiboさん、あまり農作業を見ることも無いのですが、時折車窓からの眺めなどでは
ほとんどが機械化されているようですね。
このお母さんは、なにげなく鎌をふるって手際よく刈り取っていらっしゃいましたが。
Commented by kurakame at 2011-10-02 08:25
ヒューマンさん、おはようございます。
本格的な農村地帯とは違うのでしょうが、
作付けを制限していたりすると聞けば、ここの「ふるさと村」は
別格の存在にも思えます。
Commented by ramble-leica at 2011-10-02 13:03
長閑さを描写されていていいですね・・・
子供の頃はみなこのように稲刈りをしていたように思いますね。
Commented by kurakame at 2011-10-02 16:56
ramble-leicaさん、家族総出の稲刈り風景が思い出されます。
<< バルナックライカで街歩き - ... 寺家ふるさと村(横浜市青葉区)の秋 >>