”調布飛行場まつり”に行ってみた


東京都調布飛行場。東京の西部、調布市と三鷹市との間にあって新宿から30分あまりのところである。東京の小型機のメッカともいわれる、この飛行場は戦時中は「帝都防衛」の第一線として陸軍の新鋭戦闘機などが活躍していたのだが、戦後米軍に接収され、のちに返還、現在は東京都が運営している。

恒例の”調布飛行場まつり”も今年で16回目とか。一度行ってみようと思いながら日時をつい失念していたりと、今回漸く実現。

16日、日曜日。快晴はともかく季節外れの夏日で気温も30℃の中、人気なのは分かっていたが、会場に近付くにつれて、お子さんを乗せた自転車の大群が・・。なるほど会場は小学生以下の子供さん連れの若い家族が大半をしめるような賑わい。中に少数派(?)がデジイチなどを抱えたカメラオジサンたち。(笑)


ステージの催しやたくさんの屋台、駐機場には現役の小型機が整列展示、格納庫も開放されてすぐ側まで近寄れる「おまつり」である。
まずは会場の雰囲気から。


     後方の双発機は大島、新島、神津島への定期便で活躍中のDornir-228。(次回別稿予定)
c0156404_8262959.jpg


     開放された格納庫の前でも飲み物などの販売が。後方東京消防庁のヘリ。
c0156404_892944.jpg

D700, Tamron 28mm-200mm/3.5-5.6









     調布飛行場を基地としてる民間機などが駐機場に勢ぞろいで展示されている。普段は立ち入りできない駐機場や格納庫である。
c0156404_824942.jpg


     展示機の向こう側の滑走路を離陸するセスナ機。この日は日曜で「おまつり」の所為か、小型機の発着は多くはなかったが。
c0156404_8164616.jpg


     行列して申し込むと、格納庫の機体の内部も見せてもらえるようだ。
c0156404_818720.jpg

c0156404_8194577.jpg

by kurakame | 2011-10-18 08:27 | Comments(6)
Commented by chousan-drybox at 2011-10-18 09:44
同じ日深大寺に行ってましたが、来年はここに行かないといけません
ね。普段は絶対入れずコックピットに座るなど絶対に出来ませんもの
ね。
Commented by belage at 2011-10-18 14:52 x
ひえ~~、地元に居ながらこんな祭り知りませんでした(苦笑)
時々お隣の喫茶店で飛行機の傍でお茶してます。
Commented by kurakame at 2011-10-18 16:03
chousann-dryboxさん、ヒコーキを見ていると、何となく少年の心に還っていくようです。
お近くですから、来年は是非どうぞ(!)。
Commented by kurakame at 2011-10-18 16:07
belageさん、お膝元ですので、いらっしているかとキョロキョロとしていましたよ。(笑)
「おまつり」は「おまつり」ですが、こんなに人気があるのにはビックリでした。
Commented by seibo616 at 2011-10-18 18:43
kurakameさん:こんにちは。
これは楽しい催しものですね。
自衛隊の航空基地祭りは、小牧や各務原に行ったことがあります。
Commented by kurakame at 2011-10-18 21:44
seiboさん、この飛行場は東京都の管轄なのですが、地元の自治体などとの共催です。
お役所にしてはくだけた楽しい「おまつり」でした。
<< 調布飛行場の島しょ定期便 - ... memories⑥ - 199... >>