調布飛行場の島しょ定期便 - ドルニエ機

調布飛行場といえば、多くの民間小型機が発着しているが、なかでも東京都の島しょ定期便としての新中央航空がその代表的なものであろうと思う。

新中央航空は、大島、新島、神津島と調布を結ぶ定期便を毎日7便(現在)運行していている。その使用機材がちょっとレトロなデザインのドルニエ228型機なのである。

双発ターボプロップ、乗客19名、乗員2名というドルニエ(Dornier)機は、ドイツのドルニエ社によって開発され、この228型機は1982年から1998年の間に製造されている。新中央航空では’99年、’02年、’06年に各1機を導入、この3機体勢で島しょ定期便を運航しているが、今年新型のDo228NG機があらたに購入されたという。


実は、調布から10km足らず南に位置するわが家からは、いつも独特のエンジン音をさせて、ほぼタイムテーブル通りに着陸姿勢に入るドルニエ機が良く見えていて、なんともそのレトロな機体が気になって、時折撮影していたもので、以前にも旧ブログで紹介したこともあったのだが。


   「調布飛行場まつり」の当日は、セスナなどの小型機に混じって、ドルニエの3号機JA33CA機が展示されていた。

c0156404_8224442.jpg

D700, Tamron 28mm-200mm/3.5-5.6







      賑やかな飛行場祭りの会場で、南の空にエンジン音を聞いたと思う間もなく到着便が滑走路に滑り込む。

c0156404_8282964.jpg
c0156404_8285320.jpg


      ドルニエ機の離陸を待つカメラも多い中を、ようやく出発の時刻。プロペラ機にしては、あっという間のテイクオフ。
c0156404_831686.jpg



      おまけ・・。自宅上空を調布に向うドルニエJA31CA機。大抵は、やや西側を通過するが、風向の影響か、パイロットの気まぐれか、たまには真上だったり、やや東側に寄ったりすることもある。
c0156404_8344758.jpg

この画像のみNIKKOR 70mm-300mm

by kurakame | 2011-10-19 08:39 | Comments(8)
Commented by bella at 2011-10-19 10:14 x
ジャンボでなく、こういう小型機は親しみが感じられますね~ 
でも自分が乗るとハラハラ感がありますが、
日本人が操縦するとなると 安心感もありますね。

ほうき星ですか、あれ よく撮れましたね~! さすがです。

金比羅山での応挙作品など、やはり レプリカはあるのですね、
本物を美術館などに収蔵してしまい、コピーの方を
現場に置く場合もありますよね。
私も、ネックレスはニセモノばかりで、本物は銀行に、
と言いたい所ですが・・・・! (ウフフ)
Commented by kurakame at 2011-10-19 17:03
bellaさん、こんにちは。
欧州はよく分かりませんが、アメリカの田舎あたりでは
気軽に隣村へ小型機が草むら様の滑走路で離着陸していますね。
bellaさんでも、日本人のパイロットのほうが安心(?)。

学生の頃、古建築の実測でお世話になった高山寺の当時のご住職が、
冗談で国宝の美術品があっても博物館に保管されるだけで1銭にもならない、と。(笑)
例の鳥獣戯画、お寺にはレプリカしかありません。
Commented by seibo616 at 2011-10-19 17:42
kurakameさん:こんにちは。
ドルニエはたしかドイツの軍用機で飛行艇を
造っていたような昔の記憶があります。
この飛行機に乗って伊豆諸島に行って見たいです。
Commented by kurakame at 2011-10-19 20:15
seiboさん、こんばんは。
そうですか、ぼくはこの機体ではじめてドルニエを知りました。
なんでもインド空軍では使用されているとかですが。
ちょっとDornier研究してみたくなりました。
Commented by bluebrops_angela at 2011-10-20 14:22
こんにちわ(#^.^#)
飛行機も目の前で見たら迫力がありそうですね。
ドルニエという飛行機なのですね。
自衛隊と県警のヘリや飛行機は何度も見ているのですが
こういう飛行機を見たことはありません。
私も見に行きたいですぅ~~~~(#^.^#)
Commented by chousan-drybox at 2011-10-20 22:56
主翼の形が高速用ではないようですね。翼端も渦が出にくい(翼端失速
しにくい)形だし、スタビライザーも大きいので安定性が良いようです
ね。私は窓の下に翼がないと不安になりますが^^;それにしてもエンジ
ンが小さいですね。
Commented by kurakame at 2011-10-20 23:04
angelaさん、こんばんは。
セスナとかチェロキーとかは良く見ることが出来る小型機ですが、
なんとなくレトロな雰囲気の、ちょっと大きいヒコーキが毎日自宅の上空を飛んでいるので、
興味が湧いて、このチャンスに地上のドルニエを見てきました。
コレに乗って、伊豆諸島に行ってみたいですね。
Commented by kurakame at 2011-10-20 23:13
chousan-dryboxさん、航空機にもお詳しいのですね、もしかして周辺の専門家でしょうか。
ドルニエ社もいろいろとあったらしくて、228も製造中止期間がかなりあったとか、
今回ようやくDo228NGが発売。NGはニュージェネレーションのNGだということです。
<< 街角モノクローム - 西新宿の秋 ”調布飛行場まつり”に行ってみた >>