しばらくぶりの六本木 - 夜


月例のグループ写真講評会、17時過ぎからの反省会も、少し前まではまだまだ明るい夕方であったが、さすがに10月も末ともなると、ちょうど飲みごろの夕暮れであった。もっとも六本木では、まだまだ宵の口の時刻ではあるが。

すっかり夜になった街に、ほろ酔いの目が普段気が付かないカタチを捉えたようだ。

ミッドタウンの人気のアートワーク。安田侃さんの、地上と地下の彫刻が同時に見えている。1階正面の黒いブロンズが「妙夢」と名づけられた作品だ。トップライトのガラスを透して、地下の卵型の白い大理石の「意心帰」が夜の光に浮かび上がって見える。


                酔眼朦朧、1/4sのスローシャッターは厳し過ぎる。
c0156404_836241.jpg

Leica M9, Color Skopar 21mm/4.






ミッドタウンから国立新美術館にいたる交差点に、不思議な色の照明が煌々と灯っている。ついこの間まで新築工事中だったビルの1、2階。良く見ると外国車のショールームが新しくオープンしたようだ。

                六本木といえども、この色は?
c0156404_8425460.jpg

いずれもクリックで画像拡大します。

by kurakame | 2011-10-30 08:46 | M9 | Comments(10)
Commented by ramble-leica at 2011-10-30 10:09
面白い・・・こういう芸術的建築物、ほろ酔い加減がいいのかも・・・
Commented by kurakame at 2011-10-30 16:56
ramble-leicaさん、ほろ酔いでしか見えない風景。(笑)
Commented by belage at 2011-10-31 08:55 x
1/4ですか。流石です、呑んでも乱れずですね。
二枚目のカラー、はて六本木でこんなビルあったかなと。
あっ、思い出しました。昔、レストランがあった場所ですね。
然し、酷い色遣いですねぇ(笑)
Commented by peke001 at 2011-10-31 09:53
透過して見えるオブジェを加えて、光の芸術を見るようですね。
Commented by seibo616 at 2011-10-31 14:59
kurakameさん:こんにちは。
素晴らしい夕景ですね、手持ちでは1/10が精いっぱいですね。
裏磐梯は10月27日に行きました、同じころでしょうか?
寒かったですよ。
Commented by kurakame at 2011-10-31 15:57
belageさん、ほろ酔いだからコワイモノなし、1/4だろうが1/2だろうがシャッターを切ってみる。(笑)
M.B.さんの新しいショールームのようです。凄い色ですね、ほぼ画像に近い感じだったと。
Commented by kurakame at 2011-10-31 15:59
pekeちゃんさん、ここのトップライトのガラスはさすがに昼間見るとかなり埃っぽいことが多いのです。
夜目、遠目、ナントヤラの部類でしょうか。
Commented by kurakame at 2011-10-31 16:02
seiboさん、お帰りなさい。近くまで、マイクロバス日帰りでお邪魔しました。
10月20日です。上手い具合に、会津に入ると晴れていて暖かい日和に恵まれました。
Commented by bluebrops_angela at 2011-10-31 19:19
こんばんわ(^-^)
不思議な空間 このようなお写真撮ってみたいです。
二枚目のお写真は、怪しげでもあって、また素敵ですね~♪
Commented by kurakame at 2011-10-31 21:15
angelaさん、こんばんは。
ガイアシンフォニーのチャリティ、素晴らしい活動ですね。関係の全ての皆さまに敬服です。
さて六本木、こんな画はほろ酔いの眼でなければ撮れないので、ピンボケ、ブレブレにはご容赦ください。(笑)
<< 隣村散歩 - 丘陵の住宅群と鎮守さま ポジフィルムとワイドレンズの毘... >>