夕暮れ刻のNOKTON 50mm/1.1


ぽかぽか陽気の11月の、突然の冷たい雨の夕刻、ちょっと近くのショッピングの書店に出かける。この日のお供は、件のNOKTON 50mm/1.1(前掲)をデジタルに付けて。

デジタルカメラの進化に伴い、ズーム全盛とともに高感度はカメラにまかせて、大口径レンズは専ら絞り全開付近のピントの範囲(被写界深度)の浅さに興味が集中することとなる。


NOKTON、往時の名門Voigtlander(フォクトレンダー、正確には a に発音記号が付く)の商標を継ぐ国産コシナ社製。同社では35mmフルサイズの、この50mm/1.1の他に35mm/1.2、それに加えてM4/3用の25mm/0.95の優秀な大口径レンズを発売中である。

本家ライカ社ではNoctilux 50mm/0.95という銘玉が有名だが、ぼくなどには、おいそれと手の出る価格ではない。(笑)


歩行者デッキがグランドレベルのバス・タクシー乗り場の上階になっているので、まるで地階のようなショッピングビルの出入り口(このビルでは地階と呼んでいる)。左上方からは薄暮の自然光が吹き抜けから落ちている。

c0156404_8475161.jpg

Leica M9, NOKTON 50mm/1.1








駅に通じる通路はタクシー乗り場に面していて、反対側はお馴染のコーヒーショップなどが並んでいる。この時間帯、なんとも、もう夜に近い光線状態ではある。

距離3m付近ではピントのくる範囲は10cmもあるかないか。もちろんMFなので、置きピンである。咄嗟のシャッターチャンスにピントの補正は間に合わないことのほうが多い。まあ、ピントなんて、どこかに合っているはずだ。(笑)

c0156404_8573796.jpg
c0156404_85758100.jpg

いつものように、クリックで画像拡大します。どこかにピントがきているか、お暇なら探してみてください。(ままたた笑)
by kurakame | 2011-11-13 09:05 | M9 | Comments(6)
Commented by pubcom156 at 2011-11-13 10:41
kurakameさん、こんにちは、
私もf1.4のレンズを最近入手しました。やはり開放近辺の浅い被写界深度を狙ってしまいます。
Commented by kurakame at 2011-11-13 14:57
pubcomさん、1.4と1.1の差はビミョーなものしかありませんね。
レンズ遊びも深みに嵌まり込まない程度がよろしいかと。(笑)
Commented by seibo616 at 2011-11-13 23:56
kurakameさん:こんにちは。
詳しいことはわからないが、何か風情を感じるのは
その焦点深度のせいですか?
Commented by kurakame at 2011-11-14 05:47
seiboさん、おはようございます。
またまたの、ぼやぼやレンズ遊びです。
何か別の表現ができないかな、とお遊び中です。(笑)
Commented by belage at 2011-11-14 08:39 x
流石にレンズの切れみたいなものを感じさせますね。
それにしても50mm・0.95なんてレンズがこの世に
存在するのですか!びっくりです。
Commented by kurakame at 2011-11-14 21:52
belageさん、ライカの50mmは'66年にf1.2、'76年にf1.0と進化して、ついに、
2,3年前だったかf0.95となりました。(100万円ちょっと!笑)
<< 洛西高雄、神護寺の紅葉 生田緑地の週末 - 50mm/... >>