初瀬まゐり - 長谷寺参道


大和の長谷寺は飛鳥時代の開基と伝えられ、平安王朝の貴人たちも信仰厚く、初瀬詣、長谷信仰は全国に拡がっていったという。本尊は、十一面観世音菩薩、像高10メートル余の木造仏で、各地の長谷観音の根本像であるとされている。

ここは、四季おりおりの花の寺としても著名で、とくに5月の牡丹は壮観である。紅葉にはちょっと早かった一日、長谷寺を訪ねてみた。初瀬(はつせ-はせ)はこの地の初瀬山から、地名の初瀬、→長谷となった。


各駅停車の近鉄長谷寺駅を降りると、いきなり急な階段で谷に降りる。また、長谷寺に来た、と、わくわくする階段であるが、一日歩き廻った帰りの登りは脚がくがくの魔の階段となる。

c0156404_8282514.jpg

Leica M9, Summrit-M 75mm/2.5











小初瀬山の中腹に拡がる長谷寺へは、駅から歩いて20分ほどであるが、旧い狭い街並みの両側には昔ながらの門前町が色濃く残って、参拝客や観光客の心を長谷観音へといざなってくれるような気がして、なかなか楽しい。


      今回はちょっと長めの75mmレンズでの長谷寺参道のスナップから。

c0156404_8351120.jpgc0156404_8352745.jpg


c0156404_8454747.jpg
c0156404_8464563.jpg
クリックで各画像拡大します。

by kurakame | 2011-11-27 08:54 | M MONO | Comments(2)
Commented by seibo616 at 2011-11-27 09:33
kurakameさん:おはようございます。
この長谷寺までの街並みは風情があってよかったですね。
昨年の春に行ったときは、特別公開で仏像の足元まで入る
ことが出来ました。
Commented by kurakame at 2011-11-27 15:23
seiboさん、何時行っても、この参道の街並みは少しも表情を変えることなく、
参拝客を迎えてくれますね。
特に、春のシーズンなどは新鮮な草もちなどを食べながら歩くのも大好きです。
<< 初瀬まゐり - 長谷寺伽藍 奈良夕照 - 大仏池 >>