銀座ウオッチング - 並木通り、三日月と宵の明星

クリスマスのデコレーションが一転して新春モードとなった銀座の宵。並木通りでビルとイルミネーションの間の三日月と金星に目が止まった。

皆既月食から半月あまりが経ったことになる。12月28日17時04分、月齢3.53。

三日月の下の方、ビルの谷間に光度マイナス4.0等になった金星が輝いている(画面中央、四角い街灯のやや右上あたり)。

サイズダウンした画面では(クリックで拡大しても、)辛うじて見えるかどうか。

c0156404_8102830.jpg

Leica M9, NOKTON classic 35mm/1.4 (sc)








c0156404_829959.jpg

by kurakame | 2011-12-29 08:13 | M MONO | Comments(4)
Commented by chousan-drybox at 2011-12-29 23:52
1枚目は拡大すると見えますね。
宵の明星・明けの明星、西洋ではヴィーナス。
洋を問わず美しい名前が付いてますね。
皆既月食がつい数日前のような気がします。
Commented by kurakame at 2011-12-30 07:41
chousan-dryboxさん、金星を探していただいて恐縮です。
元画像ではよく見えているのですが、リサイズするとかなり状況は悪化するようです。
M9の画像ではその差が大きいのに改めて気付かされます。
Commented by belage at 2011-12-30 18:23 x
ひゃ~~、凄いレンズですね。昼間だと撮れないんじゃないかと
思うくらいの明るさ!びっくりです。
今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いします。
よい年をお迎えくださいませ。
Commented by kurakame at 2011-12-30 21:46
belageさん、こんばんは。
いえいえ、最近のカメラもレンズも普通に撮ればこれくらいは簡単に記録してくれるようになりました。
この写真は、f 2 の1/60s、ISO320で歩きながらのシャッターでした。
今年も、多くのコメントをいただきありがとうございました。
どうぞ、来る年も良い年でありますように(!)。
<< 銀座ウオッチング - 家路を急... 清洲橋 >>