隣村散歩 - 早春の息吹を求めて

良く晴れてはいるがまだまだ空気の冷たい一日、古いカメラにネガカラーフィルムを詰めての隣村散歩。

花の御寺、とりわけシャクナゲで有名な高蔵寺さん(町田市三輪)に立ち寄ってみる。
さすがに、花はローバイの若木が小さな黄色い花をつけているのみ。


ふと見ると、山門の脇に少し蕾を膨らませている木がある。
たしかシャクナゲの木であったが・・、花の時期は4月の中旬以降だったはずなのに。(1月17日)

いつも境内の手入れに入っている庭師さんに確かめると、
早いモノは2月に開花するのだと。とくに赤いシャクナゲは早咲きが多いのだとか。


今朝は当地では雪(!)。東京の雪はTVのトップニュースになったりする。

c0156404_853866.jpg

LEICA M5, Tele-Elmarit 90mm/2.8(2nd), Fujicolor 100






念の為(?)境内の裏手にあるシャクナゲ園(畑!)に廻ってみる。

あるある、蕾が大きくなっているものもずいぶんとある。
このぶんではあとひと月も経てば立派なシャクナゲの花を見ることが出来そうだ。
c0156404_814630.jpg

by kurakame | 2012-01-20 08:17 | M5 | Comments(6)
Commented by ramble-leica at 2012-01-20 09:31
同じ世代の玉を持っていますが、軽くて重宝しています。
Commented by kurakame at 2012-01-20 16:34
ramble-leicaさん、こんにちは。
やはりややオールドな描写になるようですが、思い切って絞りを開けてみました。
1/1000sでは、ISO100のフィルムでもf4が目いっぱいでしたが。
Commented by seibo616 at 2012-01-21 06:22
kurakameさん:こんにちは。
ときどきフィルムを楽しんでおられるようで羨ましいです。
フィルムのコダックは黄色い箱に黒い文字、思い出があります。
Commented by kurakame at 2012-01-21 07:55
seiboさん、おはようございます。
KODAKさんも、デジタルには勝てなかったようですね。
ネガカラーフィルムのスキャンはなかなか思い通りにいかなくて苦労していますが、
デジタルには無い柔らかい色が不思議な表情になったりします。
Commented by pubcom156 at 2012-01-21 11:43
kurakameさん、こんにちは
東京の雪は本当に寒い一日でしたね。
シャクナゲの蕾が小春日和的な温かさを伝えてくれますね。
昔の記憶では、青はコダック。肌色上手なフジカラーでしたか。
私の記憶が間違っていなければまさにベストチョイスだった訳ですね。
銀塩にも興味がありつつ、ラクチンな方向に流れる自分には無理かなんて思っています。
Commented by kurakame at 2012-01-21 16:47
pubcomさん、こんにちは。
ネガカラーフィルムは記念写真の同時プリントぐらいしかあまり使ったことはなかったのですが、
独特の発色に、近頃またちょっと使ってみようかなと。
スキャニングが結構気まぐれで、面白いといえば面白いのですが。
<< 隣村散歩 - 高蔵寺山門前の蝋梅 日本民家園 - 囲炉裏端2景 >>