富士花鳥園にフクロウの飛行ショーを撮る


富士山麓、朝霧高原の富士花鳥園。

球根ベゴニア(1300株)とフクシア(700品種)が8000㎡の大温室にぎっしりと展示されている。

またここでは、世界のフクロウやミミズクが飼育されており、訓練されたフクロウの飛行ショーが毎日行われている。

このフクロウショーは冬季は屋内の温室で行われているのだが、快晴の明るい温室内で光は充分、飛行するフクロウを追ってみた。

c0156404_812151.jpg

D700, 180mm/2.8ED. (f2.8 1/4000 ISO3200 AWB、DX Croping)










画面の背景が、ぎっしりと色とりどりの鉢植えベゴニアの展示で、
どうしてもフクロウが花の色に埋没してしまう。

いくらかでもバックのボケを大きくすべく、ここでは古いMFの2.8レンズを開放で使用してみる。

置きピンで、はたしてそこに飛んで来てくれるか、イチカバチカの挑戦であったが、
なんとか、ほんの数カットが辛うじてピントに近付いてくれた。

こうやって見ると、訓練されているフクロウとはいえ、脚の紐がなんとも痛々しい感じがする。

やはり花の色は強烈に過ぎた。

c0156404_8145317.jpg
c0156404_815769.jpg

by kurakame | 2012-02-17 08:19 | Comments(10)
Commented by seibo616 at 2012-02-17 15:33
kurakameさん:こんにちは。
フクロウの飛翔は初めて拝見しました。
ところで足の皮ひもは、どうしたのでしょう!!
Commented by kurakame at 2012-02-17 16:49
seiboさん、こんにちは。
脚の紐、良くは分かりませんが、飼育の都合で止まり木かなにかに繋いでおくのでしょうか。
Commented by peke001 at 2012-02-17 19:10
フクロウショーとはいえ飛んでいるフクロウの写真。しっかりと目にピントが・・・凄いですね。さすがです。
Commented by kurakame at 2012-02-17 22:01
ペケちゃんさん、こんばんは。
3年ほど前に一度トライして、フレームには入らないは、たまに捉えてもピンボケだったりと、
散々だったので、今回は手持ちのなかで明るいレンズを選んでみました。
ナントカ、ピントを置いた位置に飛び込んでくれた偶然です。
Commented by belage at 2012-02-17 23:19 x
ふくろうって、ボクは動物園で寝ているところしか見たことが
ありません。飛ぶときはこんなにしっかりでっかい目を見開いて
いるんですね。びっくりですよ。それに飛んでいるときの横顔
もまんまるというのが新たな発見!
素晴らしいショットもそうですが、深謝、深謝です(ぺこりん)
Commented by kurakame at 2012-02-18 08:03
belageさん、おはようございます。
ショーなので、昼間餌を見せて飛ばしているようですが、
相当なスピードで、ファインダーに捉えるのがなかなか大変でした。
あはは、目を閉じていれば飛べませんね。
Commented by chiara at 2012-02-21 11:00 x
あっ、ここ行ったことあります。

河口湖行ったとき連れてって貰って、たくさんのふくろうと、
球根ベゴニアという立派な花にびっくりしました。
そして、青い空にカラフルなハングライダーがいっぱい飛んでて、
キレイで、とても印象に残っているのですが、
さてどの辺りなのか・・・?
Commented by kurakame at 2012-02-21 15:09
chiaraさん、こんにちは。
富士花鳥園、本栖湖のところから朝霧高原に向ってちょっと下ったところです。
花や鳥に興味のある方には相当に魅力的な施設ですね。
花鳥風月、苦手なkurakameには・・・。(笑)
Commented by escribeme_yakko at 2012-02-21 17:04
フクロウがとんでいるところ初めてみました (@_@)
さすが kuramakeさん!
私だったら うわぁ~とか騒いでてきっと写ってる写真は
羽だけとか 足だけとか・・・(笑)
Commented by kurakame at 2012-02-21 21:36
yakkoさん、こんばんは。
グループの撮影行の一こまです。いや、大変でした。(笑)
大部分は、羽の先だったり、脚だったり、まるでピンボケだったり、の中の
偶然の産物なのです。カメラの高機能にも助けられましたが。
<< 日本民家園の早春 山中湖畔にダイヤモンド富士を観る >>