銀座ウオッチング - 七丁目裏あたり


76年前に製造されたライカにモノクロのフィルムを詰めて、
光だけは春を告げている午後の早い時間、銀座の裏道を徘徊する。


モノクロームの眼で見えてくるものが、いくらかでも絵になればいいのだが。
c0156404_7543348.jpg

Leica Ⅲa, Color-Skopar 21mm/4, BW400CN









昼間の裏路地、ギンザウラ。
c0156404_7563658.jpg

c0156404_7583480.jpg

by kurakame | 2012-02-27 07:59 | Ⅲa | Comments(8)
Commented by imaipo at 2012-02-27 08:42 x
おはようございます
陽射しは強くなってきましたが
今年は気温が上がってきませんね
歩いてる方がまだ寒そうな雰囲気ですね。
Commented by kurakame at 2012-02-27 15:53
imaipoさん、こんにちは。
ちょっと暖かくなったと思えば、また冷たい風がビルの間を駆けぬける昨日今日ですね。
銀座裏も陽だまりが何となく気になる季節です。
Commented by ramble-leica at 2012-02-27 17:38
もう殆ど使わなくなってしまったバルナック!
たまにはと,思うのですがフイルムはM7にいってしまいます・・・
Commented by belage at 2012-02-27 18:41 x
絵になってますよ(きっぱり)
ショーウインドに映った横断歩道が効いいてますね。
Commented by kurakame at 2012-02-27 21:17
ramble-leicaさん、こんばんは。
メタボM9(?)からみると、バルナックはやはりライカの原点、小型ということを実感します。
近頃M7見直されているようですね。
ぼくのM7は→M8→M9へと変身してしまいました。(笑)
Commented by kurakame at 2012-02-27 21:20
belageさん、こんばんは。
やはりモノクロ詰めて歩いていると、光と影のみに眼が行ってしまう結果でしょうか。
お褒めにあずかり、恐縮です。
Commented by peke001 at 2012-02-28 07:26
モノクロならではの良さがありますね
映画もモノクロ・無声映画がアカデミー賞でした。
Commented by kurakame at 2012-02-28 07:35
ペケちゃんさん、おはようございます。
初心に帰る、ちょっとそのような気分でモノクロを楽しんでいます。
もう、フィルムの経験の無いプロカメラマンも居るという時代のようです。
<< 銀座ウオッチング - 横丁の非常階段 マイクロフォーサーズのレンズ遊... >>