隣村散歩 - 武州柿生・琴平神社本殿

各地に存在する琴平神社、「讃岐の金毘羅さん」の分社である。

ここ、武州柿生の琴平神社本殿は周辺開発から辛うじて残された里山の高台に樹木に囲まれて鎮座しる。

平成19年放火とみられる火災によって全焼、昨23年6月に再建された金ぴかの新しい社殿を訪ねてみた。

拝殿後方の本殿は土蔵造りであっために、ご神体、ご神宝は無事であったという。

c0156404_7534231.jpg

D700, PC-NIKKOR 28mm/3.5





この地には記録によると18世紀の初め頃までに伊勢神明社が存在しており、
19世紀の初めに四国金毘羅宮の祭神を勧請して「神明社・琴平社」とした。

昭和55年、琴平神社と改称、祭神は伊勢神宮の天照大神と金毘羅宮の大物主命の二柱である。


残された里山は道路の拡幅や住宅地の開発などですこしずつ削られて、旧い石造りの鳥居から急な直線階段が本殿に繋がっている。

45度以上の急勾配である。

c0156404_8151191.jpgc0156404_8153548.jpg















被災前は社殿は樹木に覆われていた記憶があるが、社殿再建と同時に周辺はきれいに整備されてしまっていた。

手前右側は既存のままの風格ある手水舎。

c0156404_819421.jpg



二対の狛犬。手前は「天保九年十月」と刻まれている。

この地方の狛犬は仔連れのものが多く見られるのだが、こちらも雌が子供を連れている。

c0156404_827144.jpgc0156404_827365.jpg















手水舎の手洗いは山伏が支えている面白いデザインである。「がまんさん」と呼ばれているらしい。

c0156404_830595.jpg
c0156404_8311440.jpg


それぞれのイメージは画面クリックで1200pxls×800pixlsに拡大します。

次回は武州柿生・琴平神社儀式殿・参集殿の予定。
by kurakame | 2012-03-05 08:43 | Comments(8)
Commented by imaipo at 2012-03-05 09:16 x
おはようございます
綺麗な神社だなと拝見しました
放火で建て直しんですか悪い奴がいますね。
Commented by seibo616 at 2012-03-05 10:09
kurakameさん:こんにちは。
山伏が支える手水鉢は初めてでした。
天保年間の古い狛犬さんは、雌雄のチェックは如何でした。
Commented by kurakame at 2012-03-05 15:25
imaipoさん、こんにちは。
昨年でしたか、ぶらりと立ち寄ったら工事中でした。聞いてみると放火だとか。
今回訪ねてみると木の香も新しく、金物類も金ピカに輝いていました。
Commented by kurakame at 2012-03-05 15:29
seiboさん、こんにちは。
仏像に踏みつけられている邪鬼はよく見ますが、おきな手水鉢を支えているのは珍しいようです。
あはは、天保も昭和(向こう側)も雌雄判別はNGでした。
右側の子供を抱いて(?)いるのが母親なのでしょうね。
踏んづけているかのような格好ですが。
Commented by Golfun at 2012-03-05 16:49 x
今日は
可愛い金比羅様ですね。
金ぴかの銅葺き屋根を撮りましたか?
今は黒いようですがやがて緑になりますね。
水戸八幡宮が2年前に金ぴかでした。
今は黒いですが緑青を見る事は無理でしょう。
レンズは標準装備が14~45mmでした。
風景を主に撮りたいです。
Commented by belage at 2012-03-05 16:51 x
45度の階段ですか。雨とか雪の日は怖いですね。スキーで
30度の壁を滑り降りると体感的には絶壁を降りた感じです。
けつまづいたら一気に下まで転がりますね。愛宕神社のあの
階段より急そうです。
金毘羅様というと東京では虎ノ門のそれが有名ですけど、関東
では珍しいですね。
Commented by kurakame at 2012-03-05 17:57
Golfunさん、こんにちは。
銅板屋根はコーティングされているのでしょうか。
レンズ、先日長いものをお持ちだったように思いましたので。
通常は14-45が標準で、これでも大抵のものは撮れますね。
Commented by kurakame at 2012-03-05 18:00
belageさん、こんにちは。
あまりにも急なので、確認してきました。R>Tで、おまけにTが狭くて、無粋な手摺りがなければ無理です。
もっとも、迂回の緩やかで長い階段や急坂のクルマ用のスロープも、今回整備されていましたが。
<< 隣村散歩 - 武州柿生・琴平神... バルナックライカで街歩き - ... >>